インターネット回線を介し、パソコンやスマートフォンでラジオが聴けるサービス「radiko」で、2016年10月11日から「タイムフリー聴取」機能の実証実験が始まった。聞き逃したラジオ番組を、放送後1週間に限り無料で聞ける。

 radikoは元々、難聴取エリアでもラジオが聞けるようにするためのサービスだ。2010年12月に本格運用がスタートした。その後、リスナーの要望を受け、2014年4月からは月額350円で日本全国のラジオ局の放送を聞ける「エリアフリー」機能を提供。放送エリアの制限がなくなり、以前住んでいた地域の番組や、好きな芸能人が出演するローカル番組などを聞けるようにした。

 それに今回、タイムフリー機能が加わった。エリアフリーと並んで、リスナーから要望が高かった機能だそうだ。まだ実証実験ではあるが、これで放送エリアだけでなく、放送時間による制限もなくなる。radiko 業務推進室長の青木貴博氏によると、最大の目的は「ラジオリスナーを増やすこと」だという。まずは、仕事などでラジオ番組をリアルタイムで聴けない人、聞き逃してしまった人にラジオを聴いてもらう機会を増やす。

radikoアプリなどを立ち上げ、「タイムフリー」タブでは、過去1週間にさかのぼって日付とラジオ局を指定し、ラジオ番組を聴ける
radikoアプリなどを立ち上げ、「タイムフリー」タブでは、過去1週間にさかのぼって日付とラジオ局を指定し、ラジオ番組を聴ける
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、SNSを通じたラジオや番組の認知向上も狙う。聴取中の番組の画面には「シェア」ボタンを設置し、LINEやTwitter、Facebookに簡単に投稿したり、「URLをコピーする」からブログなどに番組URLを貼り付けたりできるようにした。特徴的なのは、ほかの人に聴いてほしい部分をピンポイントで指定してシェアできること。数時間に及ぶような番組でも、面白かったシーンを選んで拡散できる。

聴取中の番組の画面に「シェア」ボタンを設置した
聴取中の番組の画面に「シェア」ボタンを設置した
[画像のクリックで拡大表示]
ラジオのタイムシフトでSNSの番組「拡散」急増中(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ラジオのタイムシフトでSNSの番組「拡散」急増中(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「シェア」ボタンをタップすると、シェアしたいポイントとSNSを選んで投稿できる。画面はTwitterの例。別のユーザーがURLをタップすると、シェアしたユーザーが指定したポイントから再生される

 実証実験開始から日は浅いが、すでに効果も出始めている。「放送後に、『これ、面白かったよ』と口コミでラジオ番組が拡散されるようになった」と青木氏。従来は、ラジオ番組を聴いて面白いと思った人がその番組のことをつぶやいても、放送が終了してしまえばほかの人が後から聴くことはできなかった。だが現在は、放送から1週間以内なら聴くことができる。放送局や出演者にとっても、放送後にも宣伝ができるメリットは大きい。