Xperia Hello!の3つの機能とは

 Xperia Hello!の機能や用いられている技術については、スマートプロダクト部門エージェント企画開発室の倉田宜典室長が説明した。倉田氏によると、Xperia Hello!で利用できる機能は大きく3つある。

 1つ目は外にいる家族とのコミュニケーション。Xperia Hello!ではLINEを用いた家族とのメッセージのやり取りができるほか、ボディー部分に搭載されたディスプレーでSkypeによるビデオ通話をしたり、ビデオで伝言を残したりできる。頭部のカメラであらかじめ登録した人の顔を最大10人まで識別できるため、父親と子供の顔を識別し、父親が来たら父親に向けたメッセージ、子供が来たら子供に向けたメッセージを読み上げるといったことも可能だという。

ボディー部分のディスプレーでSkypeによるビデオ通話などもできる
ボディー部分のディスプレーでSkypeによるビデオ通話などもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目は、ニュースや天気などの情報を届けるインフォテインメント機能。ユーザーごとにあらかじめ嗜好や普段利用する鉄道路線などを登録しておくと、顔を識別して個々の条件に応じた情報を能動的に話しかけてくれる。

 また、Googleカレンダー、または声で家族の記念日などを登録しておくと、その日が近づいたら能動的に通知してくれるリマインダーも搭載。こうした機能を活用することで、「Xperia Hello!のメッセージで家族の会話のきっかけを作る」こともできると、倉田氏は話している。

 3つ目は見守り機能だ。Xperia Hello!はカメラで家族の顔を認識し、いつ、誰がXperia Hello!の周辺にいたのかを記憶しておけるという。外出先から自宅の様子が気になったときには、LINEからコマンドを送ることでその記憶を確認し、「15分前に○○さんを見かけました」などと返答する。自宅にいる人を呼び出すことなく家の様子をチェックできるわけだ。それでも心配な場合は、やはりLINEコマンドを送ることで、本体が回転して自宅内の写真を8枚、360度分撮影し、それを順次LINEのタイムラインに送信してくれる機能も備えているという。

LINEでコマンドを送ることで、家族の状況を確認できる見守り機能も用意。自宅の写真を360度分、連続で撮影して送ることも可能だ
LINEでコマンドを送ることで、家族の状況を確認できる見守り機能も用意。自宅の写真を360度分、連続で撮影して送ることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]