ソニーモバイルコミュニケーションズは2017年10月17日、「Xperia スマートプロダクト」の第3弾となる「Xperia Hello!」を発表した(関連記事:Xperiaからユーザーを見分けて答える家庭向けロボット)。Xperia Hello!は家庭での利用を主体とした、日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット。スマートスピーカーのように話しかけた内容に答えるだけでなく、本体に搭載されたカメラやセンサーなどを用いて人を認識し、Xperia Hello!自ら話しかけてくれるのが大きな特徴となっている。

「Xperia スマートプロダクト」の第3弾となる「Xperia Hello!」は、10月17日に実施された、記者向けのXperia Hello!体験会で初披露された
「Xperia スマートプロダクト」の第3弾となる「Xperia Hello!」は、10月17日に実施された、記者向けのXperia Hello!体験会で初披露された
[画像のクリックで拡大表示]
さまざまな仕草を見せるXperia Hello!。頭部に人物を見分けるカメラを搭載するほか、ボディーにはさまざまな情報を表示するディスプレーも備える
さまざまな仕草を見せるXperia Hello!。頭部に人物を見分けるカメラを搭載するほか、ボディーにはさまざまな情報を表示するディスプレーも備える
[画像のクリックで拡大表示]

 記者向けの製品体験会では、ソニーモバイルコミュニケーションズ スマートプロダクト部門の伊藤博史副部門長がXperia スマートプロダクトのこれまでの取り組みについて説明した。Xperia スマートプロダクトではこれまで、耳に装着して使う音声エージェント「Xperia Ear」や、タッチ操作が可能なプロジェクター「Xperia Touch」を発売し、スマートフォンだけでは成し得なかった、新しいコミュニケーションを作り上げる取り組みを進めてきた(関連記事:ソニーのXperiaはスマホの名前ではありません)。

 そのうえで、今回発表したXperia Hello!は「家族の一員となる存在」がテーマ。ソニーが持つさまざまな技術を活用し、家の中のコミュニケーションを楽しくするための提案をするべく開発したという。

 元々Xperia Hello!は、2016年に開催された携帯電話の見本市「Mobile World Congress 2016」で、「Xperia Agent」という名前でコンセプトモデルとして公開されたもの。その後、多くの人からの意見を受け、改善を進めて、現在のコンセプトにたどり着いた。

「Mobile World Congress 2016」でコンセプトモデルとして披露された「Xperia Agent」。当時はディスプレーではなく、Xperia Touch同様プロジェクターを搭載していた
「Mobile World Congress 2016」でコンセプトモデルとして披露された「Xperia Agent」。当時はディスプレーではなく、Xperia Touch同様プロジェクターを搭載していた
[画像のクリックで拡大表示]