単純な楽しみを競技に昇華

 うまい人のプレーは見ているだけで楽しい――。

 はるか昔から知られていたこんな単純なことを、競技として成立させ、しかも選手たちのストーリーを加味することでショーとして昇華したのがeスポーツだ。誰かのプレーを見るためだけに来場した人、あるいは例えば『ストリートファイターV アーケードエディション』の公式大会「カプコンプロツアー ジャパンプレミア」に自分が出場するために来場した人など、今年は「eスポーツ」を来場の目的とした人がすごく増えたのではないだろうか。

 日経トレンディネットのゲストリポーターを務めたゴールデンボンバーの歌広場淳さんは、TGS2018に先立って行ったインタビューで、「数年来言われてきたけど、今年こそが“eスポーツ元年”」とおっしゃっていたが、そのことを筆者もまさに実感した。

・関連記事:金爆・歌広場淳「eスポーツは過渡期だから面白い」(3)

 インディーゲームコーナーの充実も忘れずに触れておきたい。小資本、少人数でゲームを作り、世に送り出す。ゲームを作る楽しみに魅入られた人たちの晴れ舞台だ。ブースは小さいながら、どこも熱意にあふれていて、面白いメーカーばかりだった。9ホールのエリアでは、出展者側の人々もまた、TGSというお祭りを来場者と同じかそれ以上に心から楽しんでいた。

インディーゲームコーナーで「映像のないゲーム」をプレイして感動する歌広場さん。作り手の情熱が感じられるブースがいくつもあった(写真/小林 伸)
インディーゲームコーナーで「映像のないゲーム」をプレイして感動する歌広場さん。作り手の情熱が感じられるブースがいくつもあった(写真/小林 伸)
[画像のクリックで拡大表示]