『バイオハザード RE:2』は、往年の名作の最新ハードでのフルリメーク版。このように、今年は過去の財産を活用したソフトが目立っていた(写真/志田彩香)
『バイオハザード RE:2』は、往年の名作の最新ハードでのフルリメーク版。このように、今年は過去の財産を活用したソフトが目立っていた(写真/志田彩香)

昨年から一転、大作ソフトの充実が目立ったゲームショウ【TGS2018】

2018年10月03日
  • 『バイオハザード RE:2』は、往年の名作の最新ハードでのフルリメーク版。このように、今年は過去の財産を活用したソフトが目立っていた(写真/志田彩香)
  • 『JUDGE EYES:死神の遺言』。日本トップクラスのタレントである木村拓哉さんを自在に操作するプレー感覚は、やはり格別だ
  • eスポーツの大会は、それぞれが盛況だったからこそ、より広く普及させるための改善点が見えてきたといえる。写真は「パズドラチャンピオンシップ TOKYO GAME SHOW 2018」(写真/小林伸)