個人技も見せて優勝

 決勝はユウQあーるとカストロミナンダバーチャットによる戦いになった。互いに譲らぬ好ゲームが動いたのは後半になってから。ユウQあーるの強烈なシュートは相手キーパーが触れたことでポストに弾かれたが、ゴール前での混戦から執念で押し込み、先制した。すると、ユウQあーるはフォーメーションを5バックの超守備的布陣に変更。

 これを受けて、カストロミナンダバーチャットはすかさず4トップの超攻撃的布陣へと変更、同点を狙う。このまま膠着(こうちゃく)するかと思われた試合だったが、カストロミナンダバーチャットは3対3ならではのチームプレーではなく、個人技を見せてゴールを奪い、試合を振り出しに戻した。その勢いのままPK戦を4-3で勝利し、カストロミナンダバーチャットが優勝をもぎ取った。

決勝は両チームとも譲らずにPK戦へ。4人目まではスコアがタイという緊張の展開になった
決勝は両チームとも譲らずにPK戦へ。4人目まではスコアがタイという緊張の展開になった
[画像のクリックで拡大表示]
優勝した「カストロミナンダバーチャット」は、サウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得した
優勝した「カストロミナンダバーチャット」は、サウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得した
[画像のクリックで拡大表示]

 大会後は、PC版の「ウイニングイレブン 2019」を使用しての国際エキシビジョンマッチも開催された。アジア競技大会の金メダリストであるレバ選手、SOFIA選手による日本チームと、アジア競技大会で銅メダルを獲得したベトナムからのチーム、東アジアの強豪・韓国のチームによる総当たり戦は、来場者にウイイレの世界的な人気を印象付けた。

大会後には国際親善試合が開催された。日本、ベトナム、韓国のトッププレーヤーたちによる2on2の総当たり戦だ
大会後には国際親善試合が開催された。日本、ベトナム、韓国のトッププレーヤーたちによる2on2の総当たり戦だ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/野安ゆきお、写真/志田彩香)