実力派選手がプレーで魅せる

 では大会の詳細を紹介しよう。準決勝第1試合は、CO-OPの世界大会経験者をそろえた「ユウQあーる」(使用チームはFCバルセロナ)と、1on1のプロ2人とCO-OP世界大会経験者1人でチームを組んだ「We love サウジ!」(同リバプールFC)による決戦。午前に行われた予選で対戦相手が不参加のため不戦勝になり、試合勘が鈍っていたユウQあーるが慎重に試合を進め、訪れた最初のシュートでリードを奪う展開に。しかし、We love サウジ!がセットプレーから劇的な同点ゴールを奪取し、試合はそのままPK戦へともつれ込んだ。PK戦ではユウQあーるのキーパーが神がかったセーブを連発し、決勝進出を決めた。

第1試合はユウQあーるとWe love サウジ!との試合。写真はメッシが先制ゴールをあげたシーンのもの
第1試合はユウQあーるとWe love サウジ!との試合。写真はメッシが先制ゴールをあげたシーンのもの
[画像のクリックで拡大表示]
SHO選手(キャプテン)、パリカ選手、からあげ選手と3人の世界大会経験者を揃えたWe love サウジ!チーム
SHO選手(キャプテン)、パリカ選手、からあげ選手と3人の世界大会経験者を揃えたWe love サウジ!チーム
[画像のクリックで拡大表示]
キュー選手(キャプテン)、あーる選手、ユウタム選手による「ユウQあーる」チーム。トッププロ2人を並べる強豪である
キュー選手(キャプテン)、あーる選手、ユウタム選手による「ユウQあーる」チーム。トッププロ2人を並べる強豪である
[画像のクリックで拡大表示]

 準決勝第2試合は、アジア競技大会の日本代表選手であり、金メダリストとなったレバ選手、SOFIA選手を擁する「そうだ、サウジへ行こう」(同FCバルセロナ)と、3人のプロライセンス保持者をそろえた「カストロミナンダバーチャット」(リバプールFC)の戦いに。試合は一進一退の好ゲームとなるも、後半にカストロミナンダバーチャットが勝ち越しのゴールをヘッドで奪い、その後は相手の猛攻をしのぎきって2-1で勝利。決勝へとコマを進めた。

そうだ、サウジへ行こうとカストロミナンダバーチャットによる第2試合は、点を取り合う激しい試合展開に
そうだ、サウジへ行こうとカストロミナンダバーチャットによる第2試合は、点を取り合う激しい試合展開に
[画像のクリックで拡大表示]
レバ選手(キャプテン)、genkiモリタ選手、SOFIA選手による「そうだ、サウジへ行こう」チーム。アジア競技大会の日本代表2人を擁する強豪だ
レバ選手(キャプテン)、genkiモリタ選手、SOFIA選手による「そうだ、サウジへ行こう」チーム。アジア競技大会の日本代表2人を擁する強豪だ
[画像のクリックで拡大表示]
かつぴーや選手(キャプテン)、Shiro選手、まさちゅう選手によるカストロミナンダバーチャットチーム。チーム名はウイイレ内の架空選手から付けられている
かつぴーや選手(キャプテン)、Shiro選手、まさちゅう選手によるカストロミナンダバーチャットチーム。チーム名はウイイレ内の架空選手から付けられている
[画像のクリックで拡大表示]