9月23日、東京ゲームショウ2018の会場内に設置されたe-Sports X(eスポーツステージ)で、「ウイニングイレブン 2019 オンラインCO-OPトーナメント」が行われた。8月にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア競技大会の公開競技として採用され、 2019年秋に予定されている「いきいき茨城ゆめ国体」(第74回国民体育大会)の競技にもなっている「ウイニングイレブン(ウイイレ)」。今回の大会は、3人同時に操作する3対3のCO-OP戦での頂点を決める大会である。

 今回使用されたソフトは、8月30日に発売されたばかりの「ウイニングイレブン2019」。トッププロたちもまだゲームの細部を研究している段階で、手探り状態でのプレーだったが、さすがというべき素晴らしいプレーが連発した。3人が同時に操作する3対3の試合のため、ソロプレーでの実力者が必ずしも有利ではない。チームとしての成熟度の高さや“阿吽の呼吸”がものをいう、チームスポーツとしての魅力を持つ大会でもあった。

 今回の大会に参加したのは、プロライセンス保持者による5チーム、メディア大会の上位2チーム、茨城国体のプレ大会で優勝した1チームの、計8チーム。この中から事前に行われた予選を勝ち抜いた4チームが、e-Sports Xのステージに進出し、トーナメント方式で優勝を争った。なお、この大会の優勝チームは、2019年に行われるサウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得する。

席を埋める多くの観客たちの前で、「ウイイレ」の国内最強チームの決定戦が行われた
席を埋める多くの観客たちの前で、「ウイイレ」の国内最強チームの決定戦が行われた
[画像のクリックで拡大表示]

実力派選手がプレーで魅せる

 では大会の詳細を紹介しよう。準決勝第1試合は、CO-OPの世界大会経験者をそろえた「ユウQあーる」(使用チームはFCバルセロナ)と、1on1のプロ2人とCO-OP世界大会経験者1人でチームを組んだ「We love サウジ!」(同リバプールFC)による決戦。午前に行われた予選で対戦相手が不参加のため不戦勝になり、試合勘が鈍っていたユウQあーるが慎重に試合を進め、訪れた最初のシュートでリードを奪う展開に。しかし、We love サウジ!がセットプレーから劇的な同点ゴールを奪取し、試合はそのままPK戦へともつれ込んだ。PK戦ではユウQあーるのキーパーが神がかったセーブを連発し、決勝進出を決めた。

第1試合はユウQあーるとWe love サウジ!との試合。写真はメッシが先制ゴールをあげたシーンのもの
第1試合はユウQあーるとWe love サウジ!との試合。写真はメッシが先制ゴールをあげたシーンのもの
[画像のクリックで拡大表示]
SHO選手(キャプテン)、パリカ選手、からあげ選手と3人の世界大会経験者を揃えたWe love サウジ!チーム
SHO選手(キャプテン)、パリカ選手、からあげ選手と3人の世界大会経験者を揃えたWe love サウジ!チーム
[画像のクリックで拡大表示]
キュー選手(キャプテン)、あーる選手、ユウタム選手による「ユウQあーる」チーム。トッププロ2人を並べる強豪である
キュー選手(キャプテン)、あーる選手、ユウタム選手による「ユウQあーる」チーム。トッププロ2人を並べる強豪である
[画像のクリックで拡大表示]

 準決勝第2試合は、アジア競技大会の日本代表選手であり、金メダリストとなったレバ選手、SOFIA選手を擁する「そうだ、サウジへ行こう」(同FCバルセロナ)と、3人のプロライセンス保持者をそろえた「カストロミナンダバーチャット」(リバプールFC)の戦いに。試合は一進一退の好ゲームとなるも、後半にカストロミナンダバーチャットが勝ち越しのゴールをヘッドで奪い、その後は相手の猛攻をしのぎきって2-1で勝利。決勝へとコマを進めた。

そうだ、サウジへ行こうとカストロミナンダバーチャットによる第2試合は、点を取り合う激しい試合展開に
そうだ、サウジへ行こうとカストロミナンダバーチャットによる第2試合は、点を取り合う激しい試合展開に
[画像のクリックで拡大表示]
レバ選手(キャプテン)、genkiモリタ選手、SOFIA選手による「そうだ、サウジへ行こう」チーム。アジア競技大会の日本代表2人を擁する強豪だ
レバ選手(キャプテン)、genkiモリタ選手、SOFIA選手による「そうだ、サウジへ行こう」チーム。アジア競技大会の日本代表2人を擁する強豪だ
[画像のクリックで拡大表示]
かつぴーや選手(キャプテン)、Shiro選手、まさちゅう選手によるカストロミナンダバーチャットチーム。チーム名はウイイレ内の架空選手から付けられている
かつぴーや選手(キャプテン)、Shiro選手、まさちゅう選手によるカストロミナンダバーチャットチーム。チーム名はウイイレ内の架空選手から付けられている
[画像のクリックで拡大表示]

個人技も見せて優勝

 決勝はユウQあーるとカストロミナンダバーチャットによる戦いになった。互いに譲らぬ好ゲームが動いたのは後半になってから。ユウQあーるの強烈なシュートは相手キーパーが触れたことでポストに弾かれたが、ゴール前での混戦から執念で押し込み、先制した。すると、ユウQあーるはフォーメーションを5バックの超守備的布陣に変更。

 これを受けて、カストロミナンダバーチャットはすかさず4トップの超攻撃的布陣へと変更、同点を狙う。このまま膠着(こうちゃく)するかと思われた試合だったが、カストロミナンダバーチャットは3対3ならではのチームプレーではなく、個人技を見せてゴールを奪い、試合を振り出しに戻した。その勢いのままPK戦を4-3で勝利し、カストロミナンダバーチャットが優勝をもぎ取った。

決勝は両チームとも譲らずにPK戦へ。4人目まではスコアがタイという緊張の展開になった
決勝は両チームとも譲らずにPK戦へ。4人目まではスコアがタイという緊張の展開になった
[画像のクリックで拡大表示]
優勝した「カストロミナンダバーチャット」は、サウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得した
優勝した「カストロミナンダバーチャット」は、サウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得した
[画像のクリックで拡大表示]

 大会後は、PC版の「ウイニングイレブン 2019」を使用しての国際エキシビジョンマッチも開催された。アジア競技大会の金メダリストであるレバ選手、SOFIA選手による日本チームと、アジア競技大会で銅メダルを獲得したベトナムからのチーム、東アジアの強豪・韓国のチームによる総当たり戦は、来場者にウイイレの世界的な人気を印象付けた。

大会後には国際親善試合が開催された。日本、ベトナム、韓国のトッププレーヤーたちによる2on2の総当たり戦だ
大会後には国際親善試合が開催された。日本、ベトナム、韓国のトッププレーヤーたちによる2on2の総当たり戦だ
[画像のクリックで拡大表示]

(文/野安ゆきお、写真/志田彩香)

この記事をいいね!する