東京ゲームショウ2017の目玉のひとつが「eスポーツ」だ。あちこちのブースやステージでeスポーツの講演やイベントが開催された。eスポーツイベント用に特設会場「e-Sports X(クロス)」も設けられ、2つのステージで、連日熱戦が繰り広げられた。

東京ゲームショウ2017では、eスポーツイベント会場「e-Sports X(クロス)」が設置された
東京ゲームショウ2017では、eスポーツイベント会場「e-Sports X(クロス)」が設置された
[画像のクリックで拡大表示]

 9月24日(日)にレッドステージで開催されたのが、FPSゲーム『OVERWATCH』(オーバーウォッチ)を使ったeスポーツのスペシャルマッチ「OMEN by HP presents OVERWATCH ドリームマッチ TGS2017」だ。

 『OVERWATCH』は、様々な特殊能力を持つ個性豊かな多数のヒーローから1体選択し、6人1組のチームを組んで対戦するゲーム。全世界で累計プレーヤー数が3000万人を越え、「Overwatch World Cup 2017」など数多くの世界大会が開催されている。eスポーツの中でも注目のタイトルだ。

10時過ぎには会場は半分以上埋まり、試合が始まるころにはほぼ満員に
10時過ぎには会場は半分以上埋まり、試合が始まるころにはほぼ満員に
[画像のクリックで拡大表示]

 スペシャルマッチで対戦するのは、「Overwatch World Cup 2017」日本代表を中心としたドリームチームと、「Overwatch Championship Series」優勝チームである7th heaven。会場に入ると、11時開始という早い時刻に関わらず座席はほぼ満員。客は10~20代男性が中心で、中高生らしい姿が多い。

日本代表を中心としたドリームチーム
日本代表を中心としたドリームチーム
[画像のクリックで拡大表示]
「Overwatch Championship Series」優勝チームである7th heaven
「Overwatch Championship Series」優勝チームである7th heaven
[画像のクリックで拡大表示]

観客席から「うおぉー!」と大きな歓声

 時刻になると、まず司会と実況・解説者が登場してゲームの紹介や見どころなどを説明してくれたが、これがとても分かりやすかった。展開が目まぐるしく一瞬で勝負が決まることもあるeスポーツでは、楽しさを分かりやすく伝えてくれる実況と解説が非常に重要だと感じた。

 今回のスペシャルマッチは、3つのマップで対戦して2マップ先取した方が勝者になるというもの。試合が始まると解説を聞きながらみなステージ上の画面に集中している様子で、両チームの戦略や繰り出す攻撃が決まるたびに観客席から「うおぉー!」といった大きな歓声が上がり、相当な盛り上がりを見せた。勝負はドリームチームが2マップ先取して勝利したが、7th heavenも不利な状況に陥っても崩れずに食い下がる戦いを見せ、終了後は両チームに惜しみない拍手が送られた。

勝負の行方を固唾を飲んで見守る
勝負の行方を固唾を飲んで見守る
[画像のクリックで拡大表示]
勝負の状況を実況と解説が分かりやすく教えてくれる
勝負の状況を実況と解説が分かりやすく教えてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
戦略や攻撃が決まると大歓声が沸き起こる
戦略や攻撃が決まると大歓声が沸き起こる
[画像のクリックで拡大表示]

 スペシャルマッチが終わった後は、つい先日追加されたばかりの新マップを使ったエキシビジョンマッチを実施。まだマップをよく知らない選手が多いとこのことだったが、こちらも世界で戦ってきた経験豊富な選手たちを擁するドリームチームが勝利した。

 終了後は観客席から「燃えた。オーバーウォッチやりたくなってきた」「どっちも強すぎる。なんであんなプレーができるんだ?」「あのPCでプレーしたいなあ」といった声が聞こえてきた。『OVERWATCH』を通じて、eスポーツの熱気と面白さ、観戦する楽しさがよく伝わってきたイベントだった。

追加されたばかりの新マップでのエキシビジョンマッチも行われた
追加されたばかりの新マップでのエキシビジョンマッチも行われた
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/湯浅英夫=IT・家電ライター)

この記事をいいね!する