イベントホールの「ファミリーゲームパーク」は、中学生以下の子どもとその家族だけが入場してゆったり遊べるエリア。ゲームの試遊、縁日コーナー、プログラミング体験など家族で楽しめるコンテンツがそろっていて、小学生以下はお菓子がもらえる無料チケットがももらえる。中学生以下の子どもが参加できるeスポーツイベント「eスポーツチャレンジ」も行われていて、当日受付で中学生以下ならだれでも無料で参加できる。

9月23日は、中学生以下の子どもたちによる『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』の大会が行われた。開始30分前にすでに大盛況
9月23日は、中学生以下の子どもたちによる『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』の大会が行われた。開始30分前にすでに大盛況
[画像のクリックで拡大表示]

 9月23日は、『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』で対戦する「eスポーツチャレンジ<太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!>」が行われた。Nintendo SwitchのJoy-Con(コントローラー)をバチに見立てた“フリフリ演奏”で競うもので、1次予選は3人連続で勝つと勝ち抜けというルール。そして最終予選を勝ち抜いた4人はゲストのお笑い芸人ゴー☆ジャスさん、東京ゲームショウ2018オフィシャルサポーターの『ゲームセンターCX』有野課長と対決できる。

1次予選は3人連続で勝つと勝ち抜け。勝ち抜けが16人に達した時点で終了というルール
1次予選は3人連続で勝つと勝ち抜け。勝ち抜けが16人に達した時点で終了というルール
[画像のクリックで拡大表示]
小学校低学年の子どもや、女の子の参加者も多い。真剣でありつつもノリノリで楽しんでプレーしている子どもが多かった
小学校低学年の子どもや、女の子の参加者も多い。真剣でありつつもノリノリで楽しんでプレーしている子どもが多かった
[画像のクリックで拡大表示]

 1次予選に参加したのは約80人。会場は、開始30分前にはもう参加希望者と保護者による長い行列ができていて熱気が漂っていた。参加者をみると、小学校低学年ぐらいの子どもや女の子の参加者も多く見られた。

 予選が始まると、ノリノリでコントローラーをフリフリする子や、列に並びながら携帯ゲーム機で練習している子、並びながら対戦中の画面を見ながら腕を振ってイメージトレーニングする子など、さまざまな姿が見られた。「太鼓の達人」シリーズを初めてプレーする子もいたが、いずれも熱心で楽しそうな姿が印象的だった。1勝したものの惜しくも2人目に負けてしまった参加者の1人は、「いろいろな人と対戦するのが楽しかった。またやりたい」と感想を聞かせてくれた。

 そのほか、負けても列に並び直すと再チャレンジできるため、並び直して何度もチャレンジする子も。年齢を問わず家族で楽しめる「太鼓の達人」シリーズらしく、並んでいる子どもに振りかたのコツを熱心に伝授している保護者の姿も見られた。