東京ゲームショウ2018最終日の9月23日、日本ゲーム大賞2018「フューチャー部門」を受賞した11作品が発表された。

 同賞は、東京ゲームショウ2018で発表、出展された未発表作品を対象に、開催期間中の9月20日(木)から23日(日)までの3日間で来場者投票を実施。発売を待ち望む多くの声、圧倒的な支持を得た多くの作品の中から、業界誌編集者、流通関係者、クリエイターなどで構成される「日本ゲーム大賞選考委員会」の審査を経て、今後が期待される作品を選ぶというもの。

 授賞式の司会は、ゲームセンターCX 有野課長、前田美咲さんが務めた。

授賞式の司会は、ゲームセンターCX 有野課長、前田美咲さんが務めた
授賞式の司会は、ゲームセンターCX 有野課長、前田美咲さんが務めた
[画像のクリックで拡大表示]
日本ゲーム大賞2018、今後の期待高いのはこの11作品【TGS2018】(画像)

・『ACE COMBAT(TM) 7: SKIES UNKNOWN』(バンダイナムコエンターテインメント、PS4(PSVR対応)/Xbox One/Steam)
・『キングダム ハーツIII』(スクウェア・エニックス、PS4/Xbox One)
・『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PS4)
・『GOD EATER 3』(バンダイナムコエンターテインメント、PS4/Steam)
・『JUDGE EYES:死神の遺言』(セガゲームス PS4)
・『JUMP FORCE』(バンダイナムコエンターテインメント PS4/Xbox One)
・『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(フロム・ソフトウェア PS4/Xbox One/Steam)
・『デビル メイ クライ5』(カプコン PS4/Xbox One/Steam)
・『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(スクウェア・エニックス PS4/Switch)
・『バイオハザード RE:2』(カプコン、PS4/Xbox One/Steam)
・『ロックマン11 運命の歯車!!』(カプコン、PS4/Switch/Xbox One / Steam)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する