また、東雲めぐのデザインテイストと世界観の3DCGアバターを作成できるアプリ「MakeAvatar」を出展。冬ごろにiOS向けに展開予定で、作成したアバターはUnityを通じてVRChatなどでの利用もを想定しているという。

 さらにイベント向けのシステムとして作成したアバターを利用できる「AvaMeets」も出展。IPアバター作成ツールは自由さがウリになりがちだが、キャラクターの世界観を維持することで、利用者の安心感や愛着を得られそうだ。

3DCGアバター作成アプリ「MakeAvatar」
3DCGアバター作成アプリ「MakeAvatar」
[画像のクリックで拡大表示]
アバターを利用したイベント向けのシステム「AvaMeets」
アバターを利用したイベント向けのシステム「AvaMeets」
[画像のクリックで拡大表示]