9月21~24日まで千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017では、新興ゲームを表彰するアワード「センス・オブ・ワンダー・ナイト2017(SOWN2017)」が開催された。今回で記念すべき10回目を迎えたこのアワードは、個人やベンチャー企業のゲーム開発者にスポットライトを当て、新しいゲームのアイデアを発掘することを目的としたものだ。

今年10回目を迎えた「センス・オブ・ワンダー・ナイト2017」
今年10回目を迎えた「センス・オブ・ワンダー・ナイト2017」
[画像のクリックで拡大表示]

 最も栄誉ある賞「オーディエンス・アワード」は、魚を題材にした本格派3Dシューティングゲーム『ACE OF SEAFOOD』がもぎ取った。

司会進行はジャーナリストの新清士氏(左)とタレントのマサボ・イザベル・ナオミ氏(右)
司会進行はジャーナリストの新清士氏(左)とタレントのマサボ・イザベル・ナオミ氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 選考は9人の選考委員と、会場に集まった一般の来場者によって行われる。ノミネート作品の開発者が、アワードの会場でゲームのコンセプトや開発のポイントなどを伝えるプレゼンテーションを行い、選考委員と来場者に作品のアイデアをアピールする。

 会場に集まった一般の来場者にはあらかじめ音の鳴るハンマーが渡されており、開発者のプレゼンテーション中に驚いたり面白いと感じたりすると、一斉にハンマーを鳴らす。ハンマーの音の大きさがすなわち、支持率を示すわけだ。オーディエンス・アワードはその名の通り、来場者が最も大きくハンマーを鳴らして、支持を得たと判断された作品が選ばれるのだ。

300作品のうち64作品を展示中

 今年は300作品の応募があった。その中から選ばれた64作品は、東京ゲームショウの会場に出展されており、実際に体験できる。アワードでは展示されている64作品のうち、さらに優秀な8作品を選出。各作品の開発者がプレゼンテーションを行った。

 オーディエンス・アワードを受賞した『ACE OF SEAFOOD』は、機体を操って、迫り来る敵をレーザービームで撃ち落していくシューティングゲーム。ただし、操る機体は飛行機や宇宙船ではなく魚介類という一風変わった視点で開発されている。レーザービームを“搭載した”イワシやカニを操って、迫り来るマグロやサメといった大型の魚を撃ち落して進んでいく。スマートフォン向けアプリや、任天堂「Wii U」のダウンロードサービスなどで利用できる。

 プレゼンテーションでは、ゲームを開発した大貫真史氏が「魚介類に敬意を払い、生態の特徴をゲームの取り入れている」と説明した。例として、小魚は個々が標的になることを避けるために群れるという習性を取り入れて、他の魚が食べられている間に、遠くから迎撃するといった戦術を紹介。すると、会場は大きな笑い声で包まれ、同時にハンマーの音が大きく鳴り響いた。

魚をテーマにした本格派シューティングゲーム『ACE OF SEAFOOD』がオーディエンス・アワードを受賞
魚をテーマにした本格派シューティングゲーム『ACE OF SEAFOOD』がオーディエンス・アワードを受賞
[画像のクリックで拡大表示]
トロフィーを受け取る開発者の大貫真史さん
トロフィーを受け取る開発者の大貫真史さん
[画像のクリックで拡大表示]

 また、コンセプトだけを聞くとコミカルなゲームを想像されるかもしれないが、実際は機体の魚視点で進む本格的なファーストパーソン・シューティングゲームとなっている。それゆえ、同作品は最も技術力のあるゲームを表彰する部門賞「ベスト・テクノロジカル・アワード」も同時に獲得している。こうした、アイデア面と技術面の両方が評価されて、大きな支持を得たことが、受賞につながった。

 開発者の大貫さんに受賞のポイントを聞くと、「見た目のインパクト、絵面において独特の世界観を目指してゲームを開発した。そのコンセプトがようやく受け入れられた」と笑顔で語った。