東京ゲームショウを主催する一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本ゲーム大賞に、18歳以下の若者が開発したゲーム作品を対象にしたゲーム制作コンテスト「U18(ゆーじゅうはち)部門」の新設を決定した。このコンテストは、まず、プロのゲームクリエーターたちによる1次審査を通過した応募作品が予選会へと進む仕組み。予選会に駒を進めた作品の開発チームは、次回の「東京ゲームショウ2018」へ向けてクリエーターたちのアドバイスに沿って作品をブラッシュアップし、ゲームショウ開催期間中に実施される決勝大会で最終プレゼンテーションを行う。CESAとしては、ゲーム開発者を目指す18歳以下の若者が作品を発表する機会を作るとともに、それを表彰することで次世代のクリエイターを育成する狙いがある。

 これに伴い、11月12日(日)には「集え!創れ!未来のゲームクリエイター~U18部門」と題した関連シンポジウムを開催。プロのゲームクリエーターによる講演や、クリエイター、教育関係者によるパネルディスカッション、学生を対象にした機器の展示やデモンストレーションを予定している。参加対象は小中高校生およびその保護者、教育機関関係者など。申込みはU18部門ウェブサイトにて受け付けている。

【開催概要】
日時:2017年11月12日(日)14~16時
場所:東京都渋谷区北青山2丁目8-44 TEPIAホール
参加費:無料
定員:200人(定員に達した時点で受付終了)

日本ゲーム大賞 U18部門ウェブサイト
日本ゲーム大賞 U18部門ウェブサイト
[画像のクリックで拡大表示]

(文/堀井塚 高)