東京ゲームショウ2017では公式チャンネルによる番組が作られ、全世界に向けてネット配信されている。番組の中身は、出展タイトルの紹介や、ゲーム実況、そしてゲームクリエーターやプロゲーマーのトークセッションなどなど。それらの情報が、現地の特設ブースから、日本だけでなく世界中に発信されているのだ。

 海外向けの公式番組を制作しているのは「Tokyo Otaku Mode」。ホール11にある特設ブース「Tokyo Otaku Mode LIVE STREAM HUT」で、ゲームショウ関連番組を英語で制作。その動画は、Twitchを通じて全世界に配信されている。

 国内向けの公式番組は、ホール9-11の2階エスペラード奥に設置された「TGS公式動画チャンネル(niconico)」特設ブースで制作・配信されている。ホール内ではなく、エスペラード(通路)の奥にあったため、気づかなかった来場者も多かったかもしれない。

「TGS公式動画チャンネル(niconico)」特設ブース。ホール9-11の2階エスペラード奥に設置されている
「TGS公式動画チャンネル(niconico)」特設ブース。ホール9-11の2階エスペラード奥に設置されている
[画像のクリックで拡大表示]
「Tokyo Otaku Mode LIVE STREAM HUT」特別ブース。ホール11に設置されている
「Tokyo Otaku Mode LIVE STREAM HUT」特別ブース。ホール11に設置されている
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ネット配信サービス「Twitch」は、ホール8にある自社ブースを出展するだけでなく、会場内各地に用意されたステージにも実況用の設備を用意していた。eスポーツの大会などを、その場で番組として制作する体制を整えていた。

eスポーツの大会のステージの脇には、「Twitch」の実況席が用意されていたのだ
eスポーツの大会のステージの脇には、「Twitch」の実況席が用意されていたのだ
[画像のクリックで拡大表示]
eスポーツの大会ステージを上から見たところ。写真の左側に、配信用の設備があることがわかる
eスポーツの大会ステージを上から見たところ。写真の左側に、配信用の設備があることがわかる
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/野安ゆきお)