東京ゲームショウ2017の会場で、周りを気にせず、一心不乱にペンライトを振って、AKB48・柏木由紀さんのライブを楽しめる――「VR/ARコーナー」内にあるテレビ朝日メディアプレックスのブースで公開している『ポリフる』はそんなサービスだ。

 ポリフるはVR(仮想現実)を活用した新感覚の「音ゲー」だ。VRヘッドマウントディスプレイを身につけて、360度映像で広がる柏木さんのライブに参加しながら、リズムに合わせてペンライトを振ることでポイントが得られ、そのポイント数の合計を競い合う。「ライブ映像を見るだけのVRは増えているが、ライブの楽しさは曲に合わせて動くことにもある」(クリエイティブ事業部事業開発グループの坂井大輔氏)。そこで「全身でライブを楽しむ」ことをコンセプトに、実際のライブ映像を活用した没入型の音楽ゲームを開発した。

VRヘッドマウントディスプレイを身につけて、AKB48の柏木由紀さんのライブを楽しめる
VRヘッドマウントディスプレイを身につけて、AKB48の柏木由紀さんのライブを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームは、AKB48のヒット曲『フライングゲット』と『真夏のSounds good!』の2曲のうち、いずれかを選んで遊ぶ。両手に持ったコントローラーが、VRの映像上ではペンライトになる。プレーヤーは、VR内で最前という“神席”にスタンバイ。柏木さんが歌う映像に合わせて飛んでくる星やハートをペンライトで叩いたり、画面に表示された規定のポーズをしたりすることでポイントを得られる。

リズムに合わせてペンライトを振って、ポイントを稼ぐ
リズムに合わせてペンライトを振って、ポイントを稼ぐ
[画像のクリックで拡大表示]