中学生以下限定のファミリーパーク(hall1)に、今年から新たにレトロゲームコーナーが登場した。本コーナーは、歴代の日本ゲーム大賞受賞作品が遊べるというもので、ゲームボーイ、スーパーファミコン、初代プレイステーション(PS)、セガサターン、ドリームキャストという、今となっては実に懐かしいハードが合計8台設置されている。

 遊べるゲームのタイトル数が非常に多く、ジャンルも多岐にわたっている。かつて夢中になったゲームの腕を子どもたちに披露するもよし、昔話を聞かせるのもまたよし。レトロゲームを通じて、親子間のコミュニケーションを深めてみてはいかがだろうか。友達同士で遊びに来ようと考えているみなさんも、この機会を利用して数々の往年の名作を大いに楽しんでほしい。

(試遊台1:プレイステーション)

・『電車でGO!』
・『パラッパラッパー』
・『鉄拳2』
・『ぷよぷよ通 決定盤』
・『メタルギア ソリッド』
・『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』

(試遊台2:プレイステーション)

・『ナムコミュージアム』シリーズ
・『モンスターファーム』
・『ファイナルファンタジーVII』
・『バイオハザード』
・『風のクロノア』
・『どこでもいっしょ』

(試遊台3:プレイステーション)

・『R4~リッジレーサータイプ4~』
・『バイオハザード2』 ・『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』
・『I.Q.~インテリジェントキューブ』
・『ファイナルファンタジーIX』
・『ぼくのなつやすみ』

(試遊台4:プレイステーション)

・『ファイナルファンタジーVIII』
・『Dance Dance Revolution』
・『ヴァルキリープロファイル』
・『高機動幻想ガンパレード・マーチ』
・『ビートマニア』

(試遊台5:セガサターン)

・『サクラ大戦』
・『NiGHTS』
・『デカスリート』
・『バーチャコップ2』
・『GRANDIA(グランディア)』
・『街』

(試遊台6:ドリームキャスト)

・『ソニックアドベンチャー』
・『ファンタシースターオンライン』
・『ソウルキャリバー』
・『ミスタードリラー』

(試遊台7:スーパーファミコン)

・『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』
・『桃太郎電鉄HAPPY』

(試遊台8:ゲームボーイ)

・『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーラ

懐かしの家庭用ゲーム機がズラリ。左から初代PS(2台)、セガサターン、ドリームキャスト
懐かしの家庭用ゲーム機がズラリ。左から初代PS(2台)、セガサターン、ドリームキャスト
[画像のクリックで拡大表示]
スーパーファミコン版『ドラクエIII』もちゃんと動く。自分が生まれる前に作られたゲームに興味津々!?
スーパーファミコン版『ドラクエIII』もちゃんと動く。自分が生まれる前に作られたゲームに興味津々!?
[画像のクリックで拡大表示]
親子で『NiGHTS』に興じる光景も見られた。奥に写っているのは、ドリームキャスト版の『ミスタードリラー』
親子で『NiGHTS』に興じる光景も見られた。奥に写っているのは、ドリームキャスト版の『ミスタードリラー』
[画像のクリックで拡大表示]
手前はPS版『R4~リッジレーサータイプ4~』、中央は『Dance Dance Revolution』。なお後者はマットではなく、通常のコントローラーでのプレイとなる
手前はPS版『R4~リッジレーサータイプ4~』、中央は『Dance Dance Revolution』。なお後者はマットではなく、通常のコントローラーでのプレイとなる
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/鴫原盛之)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する