今年も開幕した東京ゲームショウ(TGS)。興味はあるけどちょっと自分にはハードルが高いかも、なんて思っていないだろうか。実は様々なイベントが行われ、新作ゲームで遊べて、さらにイケメンにも会える。ゲーム初心者でも充分楽しめるイベントだ。ライトユーザーの代表としてTGSを1日楽しんできた様子をレポート。ビギナーなりの今年のTGS攻略方法をお伝えする。

【持ち物】
カメラ(思い出を残そう)
スマートフォン(公式アプリをダウンロード)
お財布(中身も忘れずに)
携帯電話充電器(念のために持っておくと安心)

【服装】
とにかく動きやすい服装がオススメ。でも、ちょっとおめかしすると自分の気分が上がる。イケメンと接近する場面もあるので匂いや身だしなみは気を付けて。会場は広く、たくさん歩くことになるので、足元は歩きやすいスニーカーがベター。

TGS公式アプリを準備しよう

10:00 START

 会場となる幕張メッセに到着。毎年、朝は開場を待つ長蛇の列ができる。一部の人気タイトルは整理券が配布されるものもある。屋外で長時間待つ場合は、体調管理に注意しよう。

会場の入り口でメインビジュアルがお出迎え。記念にパシャリ
会場の入り口でメインビジュアルがお出迎え。記念にパシャリ
[画像のクリックで拡大表示]
ホールに入るとブースがずらり。人もたくさん。人気ゲームのブースには行列が
ホールに入るとブースがずらり。人もたくさん。人気ゲームのブースには行列が
[画像のクリックで拡大表示]

 まずはどこのブースから攻略するのが正解なんだろう? そんな迷える人の強い味方がTGS公式アプリ。試遊の待ち時間がリアルタイムでチェックできるから、効率的に動けるのだ。

会場内ではBluetoothの設定を オンにして主催者からのプッシュ通信を受け取ろう
会場内ではBluetoothの設定を オンにして主催者からのプッシュ通信を受け取ろう
[画像のクリックで拡大表示]
試遊の待ち時間以外に、ノベルティなどの配布状況もチェックできる
試遊の待ち時間以外に、ノベルティなどの配布状況もチェックできる
[画像のクリックで拡大表示]

 TGSでは各ブースで様々なイベントが行われているので、効率的に楽しみたい場合はタイムスケジュールを確認して行動ルートを組み立てよう。 記者は人気タイトルに並ぶのはあきらめ、まずは会場全体を見て回ることに。

PlayStationでおなじみソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース
PlayStationでおなじみソニー・インタラクティブエンタテインメントのブース
[画像のクリックで拡大表示]
なんとガラス張りのショウケースの中には3体の「アンドロイド」が
なんとガラス張りのショウケースの中には3体の「アンドロイド」が
[画像のクリックで拡大表示]

ゲームの試遊とコンパニオンを楽しむのが王道

11:00 もう我慢できないっ。まずは試遊しないとね

 といっても、これだけたくさんのタイトルがあると、やっぱりゲームがしたくなるっ。

 せっかくなので前から気になっていたタイトルを試遊してみることに。取材だとわかってはいるけれど、いざゲームをやりだすと面白くて止まらないっ。気が付けばすっかり夢中になっていたのだった。

『信長の野望』をプレイしたら缶バッチがもらえた。ノベルティがもらえるブースもあるのでどんどん試遊するべし
『信長の野望』をプレイしたら缶バッチがもらえた。ノベルティがもらえるブースもあるのでどんどん試遊するべし
[画像のクリックで拡大表示]

 会場内を歩いていて見た目を楽しませてくれたのは、きれいなコンパニオンのお姉さんや、場所は限られるが一般参加のコスプレの人たち。思わず「写真撮らせてください!」と声をかけたくなることが多々。見ているだけでも楽しいけれど、一緒に写真を撮ってもらえる場合も。また、ブースによってはフォトスポットが設置されている場合も。

頼りがいのありそうな男性の筋肉は個人的に眼福だった
頼りがいのありそうな男性の筋肉は個人的に眼福だった
[画像のクリックで拡大表示]

うなぎやステーキもあるフードコート

12:00 腹が減っては戦はできぬ。今年は豪華なフードが充実

 たくさん遊んでおなかが空いてきたのでフードコートへ。

 フードコートは休憩スペースも含めてイベントホールに。広いスペースが確保され休憩時間も快適になった気が。

 例年に比べ、うなぎやステーキなどの豪華食材がラインナップされていることに驚き。いくらとサーモンの宝石丼も魅力的だった。もちろん定番のからあげやカレーもあったので、豪華食材には興味がない人も安心してほしい。

フードブースの一角。ステーキ、本マグロ、海鮮、ローストビーフなど豪華なメニューが並ぶ
フードブースの一角。ステーキ、本マグロ、海鮮、ローストビーフなど豪華なメニューが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
迷った末にロストビーフ丼に決めたっ。タレが選べるのが嬉しい
迷った末にロストビーフ丼に決めたっ。タレが選べるのが嬉しい
[画像のクリックで拡大表示]

13:00 気分も化粧も崩れたって大丈夫。まさかのTGSでメイクアップ

 夢中になって歩いていたら、なんだか化粧も崩れている気がする。一応女性なので気にはなる。トイレで化粧直しをと思った時に、出会ってしまった。メイクアップをしてくれるスポットに。colyのブースでは、恋愛パズルゲーム『スタンドマイヒーローズ』に登場するキャラクターがプロデュースするコスメブランドのお披露目に、プロのメークアップアーティストが化粧直しをしてくれる。しかも美しくなったあとはイケメン俳優とツーショトを撮れるという、とにかく女性にうれしいことだらけのブースなのだ。

丁寧にメイクをしてもらうとまるでセレブ気分
丁寧にメイクをしてもらうとまるでセレブ気分
[画像のクリックで拡大表示]

無料でもらえるエナジードリンク

13:30 イケメンとあんなことやこんなこと。ドキドキが止まらない!

 せっかく綺麗にしてもらったので、勇気を出してイケメンに会いに行くことに。

 恋アプリで人気なボルテージのブースでは、例年通りイケメンがドキドキさせてくれるブースが登場。『天下統一恋の乱 Love Ballad』の人気キャラクター・織田信長あるいは藤林朔夜に扮したリアルイケメンに小物を選んで献上すると、小物によってイケメンのリアクションが変わる。信長様はドSなのにとてもいい人で、本当にイケメンだったので、しばらくドキドキが止まらなかった。キュン死にって本当にあるんだ……。

イケメンに扇子でアゴクイされて卒倒寸前
イケメンに扇子でアゴクイされて卒倒寸前
[画像のクリックで拡大表示]

14:00 元気が足りなくなったらモンスターエナジーでチャージ

 ゲームで遊んでイケメンにも会って、さて次はどこに行こう。迷ったら公式アプリでマップをチェック。

 Hall8のモンスターエナジーのブースでは、モンスターエナジー・モンスターウルトラの無料配布実施。また、アクションレーシングシリーズの最新作『ニード・フォー・スピード』の体験コーナーを設置しており、試遊もできる。ちなみに、モンスターエナジーの無料配布スペースはHall9にもある。

どこに行こうか迷ったら。公式アプリでマップも見られる
どこに行こうか迷ったら。公式アプリでマップも見られる
[画像のクリックで拡大表示]
美人すぎるお姉さんに元気、もらいました
美人すぎるお姉さんに元気、もらいました
[画像のクリックで拡大表示]
最高の設備で没入体験が味わえる
最高の設備で没入体験が味わえる
[画像のクリックで拡大表示]

15:00 グッズコーナーでレア商品をゲット。これでお土産もバッチリ

 TGSでチェックしておきたいのはゲームの試遊やイベントだけじゃない。実はレアな商品や面白いグッズと出会えるのもTGSの醍醐味。Hall9~11は少し離れた場所にあるのだが、足を運ぶ価値は十分にある。

物販コーナーにはTGSでしか買えない限定商品もズラリ
物販コーナーにはTGSでしか買えない限定商品もズラリ
[画像のクリックで拡大表示]

17:00 GOAL

 楽しいTGSは17時まで。たくさん遊んで素敵な思い出ができた。来年もぜひまた来たい!

髪の毛の部分をこするといい香りがするというしかけが。女の子の髪の毛をこすって嗅ぐという発想がヤバイ(誉め言葉)
髪の毛の部分をこするといい香りがするというしかけが。女の子の髪の毛をこすって嗅ぐという発想がヤバイ(誉め言葉)
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/柳岡紗枝子)