ポケット・クエリーズ、MRでの点検・管理を東京電力HDと研究

 ゲームの開発・運営のほか、MR技術の開発・研究に力を入れているポケット・クエリーズは、東京電力HDと進めているMR技術を活用した点検・管理の技術を出展。

 マイクロソフトのHololensを活用して、目の前にある設備の点検・簡易ノウハウを空間上に投影し、手順を指示するものとなっている。目的として、管理・点検のノウハウを管理することで、技術者の引退などによるノウハウの断絶を防ぐほか、地方の施設点検などは地方の技術者にノウハウを伝える仕組みを作り、ベテラン任せにならないよう人的リソースの有効活用を促すという。

Hololensを装着して、管理・点検が必要な機材に近づく
Hololensを装着して、管理・点検が必要な機材に近づく
[画像のクリックで拡大表示]
視覚には実際の機器に重ねる形で、管理・点検に必要な手順がAR表示される。さらに、表示内容はジェスチャーで操作可能だ
視覚には実際の機器に重ねる形で、管理・点検に必要な手順がAR表示される。さらに、表示内容はジェスチャーで操作可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/島徹)