CoolSo、筋音図による低コストな手の動きの検知デバイス

 台湾CoolSoは、腕の筋肉の振動の筋音図を利用した、指や手の動きの検知デバイスを展示している。

CoolSoの筋音図を利用したデバイス。小型化に向けて改良を続けている
CoolSoの筋音図を利用したデバイス。小型化に向けて改良を続けている
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、筋電図を利用して手の動きを認識するデバイスはあった。だが、手に金属の接点を密着する必要があるほか、製造コストがやや高いという問題があった。だが、筋音図なら装着の精度がそこまで要求されないほか、製造コストも20ドル程度に抑えられるという。

デモでは筋音図のリストにVIVEのトラッカーもつけて、手の動きと腕の動きでゲームを操作していた
デモでは筋音図のリストにVIVEのトラッカーもつけて、手の動きと腕の動きでゲームを操作していた
[画像のクリックで拡大表示]