VR(仮想現実)やAR(拡張現実)は、まだまだ発展途上の技術だ。もちろん、ゲームや業務用アプリを効率よく開発・提供できるデバイスやプラットホームも重要だが、まだ走り出したばかりのVRやARを社会に根付かせるには、さらなるリアリティーの再現や拡張についての研究・開発が必要だ。

 この記事では、東京ゲームショウ会場で見かけたVRやARなどxR技術の新提案を紹介していく。

トヨタ紡織、ティアフォー、シナスタジアの車内空間コンテンツ

 シナスタジアは、自動運転プラットホームを手掛けるティアフォーの子会社。同社のブースでは、車内内装を手掛けるトヨタ紡織、ティアフォー、シナスタジアの3社による将来の自動運転をイメージしたVRコンテンツを出展している。

シナスタジアブースの車内空間コンテンツ
シナスタジアブースの車内空間コンテンツ
[画像のクリックで拡大表示]

 出展内容はVRゴーグルを装着して、国営ひたち海浜公園や横浜のドライブを疑似体験するというもの。エンターテインメントやAR要素も含んだもので、助手席のサファイアの案内を聞く場面もある。

VRゴーグルを装着すると、ARの表示や音声案内なども含んだドライブを楽しめる
VRゴーグルを装着すると、ARの表示や音声案内なども含んだドライブを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
車内にてVRゴーグルをつけた状態で体験する
車内にてVRゴーグルをつけた状態で体験する
[画像のクリックで拡大表示]
隣に座っているサファイアが案内するといった演出も
隣に座っているサファイアが案内するといった演出も
[画像のクリックで拡大表示]

 これらは今後、自動運転などが実用化される時期になると、車内の内装や情報表示の方法が変わっていくという想定の基に開発したとのことだ。