「ファミリーゲームパーク」は、中学生以下とその保護者だけが入場できるエリア。幕張メッセ国際展示場のイベントホールにあり、最新ゲームや子供向けのゲームプログラミング・スクールの体験などができる。

 今回は、「ゲーム作り体験教室」で開かれたプログラミング教室「マイクロビットで遊んでみよう」(Do it プログラミングスクール)をのぞいてみた。

ゲーム作り体験教室の様子。1クラス60分程度の授業時間で、約10名が参加可能
ゲーム作り体験教室の様子。1クラス60分程度の授業時間で、約10名が参加可能
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロビットは、5センチメートル四方くらいの小さな基板に5×5の計25個のLEDライトや2つのボタンスイッチなどが付いた超小型のコンピュータ。5×5のLEDには、昔の電卓の表示窓のように、さまざまな文字や記号を一つずつ表示できる。

マイクロビット。英国放送協会(BBC)が中心となって開発した小型コンピュータ。英国ではすでに100万人の小学生がマイクロビットを使って遊んでいるという
マイクロビット。英国放送協会(BBC)が中心となって開発した小型コンピュータ。英国ではすでに100万人の小学生がマイクロビットを使って遊んでいるという
[画像のクリックで拡大表示]