メインのストーリーは、主人公が伝説のミラクルスイーツを探しに、12人のイケメンと旅をするお話。イケメンたちとの甘々な恋物語だけでも十分にお腹は満たされるのだけれど、実はストーリーを進めるには、スイーツの作り方を学び、自分で特殊な素材を集めて独創的なスイーツを作る必要がある。さらにインテリアや背景を選んで、自分のベーカリーを繁盛させなければならない。知らず知らずのうちに、メニュー開発や経営シュミレーション、プロデュース能力も養われていくのだ。しっかりやり込めば、ゲームが終わるころには、起業するのも夢じゃないかも?!

 『Sweety Prince2』は2018年10月に中国語バージョンがリリースされ、順次英語と日本語もリリースされる予定。日本が火をつけた台湾の乙女ゲームブーム。乙女ゲームが日台のさらなる友好関係を築く存在になりそうだ。iOS/Android対応。

イケメンズとの会話もたっぷり。Live2Dによるグラフィックが美しい。主人公は飛行船仕様のベーカリーで世界中を旅する
イケメンズとの会話もたっぷり。Live2Dによるグラフィックが美しい。主人公は飛行船仕様のベーカリーで世界中を旅する
[画像のクリックで拡大表示]
日本の乙女ゲームを徹底的に研究し、台湾初の乙女ガーム『甜點王子』を開発したENJOY PLAYのスタッフ
日本の乙女ゲームを徹底的に研究し、台湾初の乙女ガーム『甜點王子』を開発したENJOY PLAYのスタッフ
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/永浜敬子)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する