ファミリーゲームパークには、今年も例年と同様に中学生以下の来場者が限定で利用できる、さまざまなゲームが遊べるゲーム体験ゾーンをはじめ、ゲームづくり体験コーナー、キッズステージ、縁日コーナーなどが設けられている。小学生以下は入場無料で、中学生以上は東京ゲームショウの入場料で入場できる。

今年のファミリーゲームパークはイベントホール内にある。メイン会場とは建物が異なるので注意!
今年のファミリーゲームパークはイベントホール内にある。メイン会場とは建物が異なるので注意!
[画像のクリックで拡大表示]
ゲーム体験ゾーンには、各社の最新ゲームがズラリと並ぶ
ゲーム体験ゾーンには、各社の最新ゲームがズラリと並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 メイン会場のホール1~8に比べて混雑が少なく、メーカーブースには出展されていない、ここでしか遊べないゲームがあるのもファミリーゲームパークの大きな魅力ひとつ。

 ゲームづくり体験コーナーでは、Scratch(スクラッチ)やBASIC(ベーシック)、『Minecraft: Education Edition』(教育版)などを使ったゲーム開発が楽しめる。縁日コーナーでは懐かしの駄菓子が購入できる。

 キッズステージでは、開催初日の22日には、『おはスタ』のアイクぬわらさんが登場。23日にはゴー☆じゃすさん、『ゲームセンターCX』の有野課長もステージイベントに出演する予定となっている。

 また、今年から新たに中学生以下限定で参加できるeスポーツチャレンジを開催。22日には、落ち物パズルゲームの『ぷよぷよeスポーツ』を使用した勝ち抜き大会が、2日目の23日は音楽ゲーム『太鼓の達人Nintendo Switchばーじょん!』を使用した大会の開催が予定されている。

 参加費は無料で、当日受け付けが可能。上位まで勝ち残ると、キッズステージ上で開催されるeスポーツチャレンジに出場ができるようになるので、こちらもぜひチャレンジをおすすめしたい。

今年の目玉は、新たに登場したeスポーツチャレンジコーナー。中学生以下なら誰でも参加可能
今年の目玉は、新たに登場したeスポーツチャレンジコーナー。中学生以下なら誰でも参加可能
[画像のクリックで拡大表示]
パパ、ママ世代には懐かしい駄菓子が買える、定番の縁日コーナー
パパ、ママ世代には懐かしい駄菓子が買える、定番の縁日コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
昨年に引き続き、今年もBASICをによるゲーム作り体験教室を開催していた
昨年に引き続き、今年もBASICをによるゲーム作り体験教室を開催していた
[画像のクリックで拡大表示]
ステージコーナーでは、着ぐるみの撮影会やゲーム大会をなどを開催
ステージコーナーでは、着ぐるみの撮影会やゲーム大会をなどを開催
[画像のクリックで拡大表示]

ゲーム体験ゾーンで試遊できるゲーム

・『ロックマン11』
・『スーパーボンバーマンR』
・『キュレオ』(※プログラミング学習サービス)
・『キックフライト』
・『キングダームハーツIII』
・『チームソニックレーシング』
・『ぷよぷよeスポーツ』
・『ロケットリーグ コレクターズ・エディション』
・『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』
・『太鼓の達人Nintendo Switchばーじょん!』
・『塊魂アンコール』
・『プロ野球 ファミスタエボリューション』
・『ネコトモ』
・「なりキッズパーク」シリーズ3タイトル
・『仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ』
・『ドラゴンボール ファイターズ』
・『超・逃走中&超・戦闘中 ダブルパック』
・『GO VACATION』
・『フューチャーカード 神バディファイト』
・『バディスマ!!』
・『ひっくりガエル』
・『妖怪ウォッチ4』

カプコンの定番アクションゲームシリーズ最新作の『ロックマン11』
カプコンの定番アクションゲームシリーズ最新作の『ロックマン11』
[画像のクリックで拡大表示]
スクウェア・エニックスのアクションRPG最新作、『キングダムハーツIII』
スクウェア・エニックスのアクションRPG最新作、『キングダムハーツIII』
[画像のクリックで拡大表示]
Nintendo Switchではシリーズ初登場となる『妖怪ウォッチ4』
Nintendo Switchではシリーズ初登場となる『妖怪ウォッチ4』
[画像のクリックで拡大表示]
子ども向けプログラミング学習サービス『キュレオ』(左)と、スマホ用アクションゲーム『キックファイト』のキッズ用体験版が遊べるコーナー(右)
子ども向けプログラミング学習サービス『キュレオ』(左)と、スマホ用アクションゲーム『キックファイト』のキッズ用体験版が遊べるコーナー(右)
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/鴫原盛之)