『シナプティック・ドライブ』の開発者、見城こうじ氏(サウザンドゲームズブース前にて撮影)
『シナプティック・ドライブ』の開発者、見城こうじ氏(サウザンドゲームズブース前にて撮影)

「インディーゲームコーナー」で注目のロボット対戦ゲーム【TGS2018】

2018年09月22日
  • 『シナプティック・ドライブ』の開発者、見城こうじ氏(サウザンドゲームズブース前にて撮影)
  • サウザンドゲームズブースの全景
  • 壁面にはロボットのイラストを展示。野生の猛獣を想起させるデザインの機体も登場するようだ
  • キャラクターの選択画面。ボディを変更すると、見た目も性能も大きく変化するようだ
  • こちらはワイヤーと呼ばれる武器を選択しているところ。ほかにも多くの武器が存在する
  • 対戦の部隊となるフィールド。かなりコンパクトなため、接近戦が随所で繰り広げられることになるかも?
  • 画面左側のロボットがワイヤーを放ったところ。アナログスティックで軌道を自在に変えることができる
  • ワイヤーは一定時間後に爆発するが、ボタン操作で任意のタイミングで爆発させることも可能
  • サウザンドゲームズブース内では見城氏のインタビュー映像も見られる。インディーゲームコーナーへ足を運ばれる方は、ぜひご視聴を