若年層から支持を集める無料通話アプリ「斎藤さん」で知られるユードーのブースで、変わりダネのアイテム「KAMI-OTO」(カミオト)を発見した。段ボールでできた音楽用の鍵盤(キーボード)で、アップル純正のBluetoothキーボード「Magic Keyboard」にかぶせるだけでキーボードが鍵盤に早変わりする、という優れものだ。

ユードーのブースで発見した段ボール製の鍵盤「KAMI-OTO」(カミオト)。背後にあるMac miniと組み合わさっている
ユードーのブースで発見した段ボール製の鍵盤「KAMI-OTO」(カミオト)。背後にあるMac miniと組み合わさっている
[画像のクリックで拡大表示]
一見すると、段ボールで組み立てられたおもちゃの鍵盤のように見える。後方にはタブレットやスマホを立て掛けるためのスタンドがある
一見すると、段ボールで組み立てられたおもちゃの鍵盤のように見える。後方にはタブレットやスマホを立て掛けるためのスタンドがある
[画像のクリックで拡大表示]
鍵盤を持ち上げると、アップルのBluetoothキーボード「Magic Keyboard」が顔を出した。段ボールの鍵盤を押すと、キーボードの特定のキーが押されるようになっているのだ
鍵盤を持ち上げると、アップルのBluetoothキーボード「Magic Keyboard」が顔を出した。段ボールの鍵盤を押すと、キーボードの特定のキーが押されるようになっているのだ
[画像のクリックで拡大表示]
Magic Keyboard自体の打鍵感がよいことから、鍵盤もパキパキと心地よくたたける
Magic Keyboard自体の打鍵感がよいことから、鍵盤もパキパキと心地よくたたける
[画像のクリックで拡大表示]
白鍵の裏にスポンジを貼り付ける工夫を施し、違和感なくたたけるようにしている。黒鍵は段ボールのエッジを利用してキーを押し込む仕組み
白鍵の裏にスポンジを貼り付ける工夫を施し、違和感なくたたけるようにしている。黒鍵は段ボールのエッジを利用してキーを押し込む仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 Magic KeyboardをBluetoothで接続すれば、MacやiPad、iPhoneなどで利用できる。タブレットやスマホを立て掛けるためのスタンドも用意するのが気が利いている。DTMなどの音楽ソフトで利用するほか、キーの割り当てを調整すれば音楽ゲームなどでも使える。

 2017年1月に米国で開かれた楽器のイベント「NAMM Show 2017」で参考展示したものに改良を加え、よりシンプルな構造に仕上げたという。ビジネスデイの2日間、いろいろな人が代わる代わる試しても折れたりへたったりせず、段ボール製ながら耐久性は問題なかったそうだ。

 ユードーの南雲玲生氏は「鍵盤をたたいて音楽を奏でる楽しさを、より多くの人に手軽に味わってほしい」と考え、KAMI-OTOを企画したという。現時点では販売方法や販売価格は未定としながらも、すでに高い完成度を誇っていることから、近いうちに製品化される可能性もある。

 ブースでは、KAMI-OTOの組み立てを体験できるワークショップを開催しており、作ったKAMI-OTOは持ち帰ることができる。数に限りはあるものの、音楽に興味のある人はユードーのブースに足を運んでみよう。

ユードーのブースには巨大なKAMI-OTOも展示され、実際に音楽が奏でられる
ユードーのブースには巨大なKAMI-OTOも展示され、実際に音楽が奏でられる
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/磯 修)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する