東京ゲームショウ2017の目玉といえるのが、ホール11の「e-Sportsコーナー」だ。今回、ステージを「PlayStation presents BLUE STAGE」と「Samsung SSD presents RED STAGE」の2つに増強し、一般公開日の9月23日(土)と24日(日)の2日間、人気の8タイトルでe-Sportsイベント「e-Sports X」(イースポーツクロス)を実施する。

 初日の21日はこけら落としとして、e-Sportsで人気の対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV」(カプコン)と、新作のバトルロワイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(DMM GAMES)を用い、エキシビジョンマッチが開かれた。

東京ゲームショウ2017のこけら落としとして、人気の対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV」によるバトルが開かれた
東京ゲームショウ2017のこけら落としとして、人気の対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV」によるバトルが開かれた
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、PlayStation presents BLUE STAGEで開かれたストリートファイターVのバトルは、世界各国のe-Sportsイベントで実績を上げている4人のプレーヤーが登壇し、勝ち抜き戦を繰り広げた。名乗りを上げたのは、堅実な戦い方で目の肥えたファンからの評価が高いオオタニ選手、大学生ながらプロゲーマーとして活躍する立川選手、女性ゲーミングチームに所属するはるミー選手、押しの強さでひたすら攻めるスタイルのだいこく選手。いずれも、次世代を担う若手として高い実力を評価されている凄腕ばかりだ。

参戦したのは若手の実力派プレーヤー4名。おのおのが自分のアーケードスティックを持参してバトルに臨んだ
参戦したのは若手の実力派プレーヤー4名。おのおのが自分のアーケードスティックを持参してバトルに臨んだ
[画像のクリックで拡大表示]

 オオタニ選手と立川選手が対戦した初戦は、リュウを操るオオタニ選手がいぶきを操る立川選手を撃破。続いて、はるミー選手とだいこく選手の対戦は、だいこく選手のバーディーがはるミー選手のいぶきを圧倒した。はるミー選手の攻めをだいこく選手が読み切っており、お見事といえるバトルだった。

まず初戦で対戦したオオタニ選手(左)と立川選手(右)
まず初戦で対戦したオオタニ選手(左)と立川選手(右)
[画像のクリックで拡大表示]
まるでコンピューターのような動きを見せるオオタニ選手が勝利した
まるでコンピューターのような動きを見せるオオタニ選手が勝利した
[画像のクリックで拡大表示]
続いて対戦したはるミー選手(左)とだいこく選手(右)。迫力のプレーでだいこく選手が圧勝
続いて対戦したはるミー選手(左)とだいこく選手(右)。迫力のプレーでだいこく選手が圧勝
[画像のクリックで拡大表示]

 オオタニ選手とだいこく選手の決勝戦は、1対1の最終ラウンドまでもつれ込む息を飲む戦いで、会場は大いに盛り上がった。お互いライフがゼロになる寸前まで体力を削りあい、最後はリュウのコンビネーション攻撃からの竜巻旋風脚で決着となった。ゲストとして招かれたかずのこ選手などの有名プレーヤーは「若手がこれほど強くなってきたので、古参のプロゲーマーも気が抜けない。今後のe-Sportsのシーンが楽しみになってきた」と評価した。

決勝戦は、オオタニ選手(左)とだいこく選手(右)のバトルとなった
決勝戦は、オオタニ選手(左)とだいこく選手(右)のバトルとなった
[画像のクリックで拡大表示]
息を飲む戦いが最終ラウンドまで続き、オオタニ選手が僅差で勝利した
息を飲む戦いが最終ラウンドまで続き、オオタニ選手が僅差で勝利した
[画像のクリックで拡大表示]
優勝を決めてもひたすらクールなオオタニ選手
優勝を決めてもひたすらクールなオオタニ選手
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、隣のSamsung SSD presents RED STAGEで開かれたPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSのバトルは、10人のゲストと40人の一般来場者の計50人で戦う豪華な内容となった。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSは、ゲストと来場者の計50人でバトルが繰り広げられた
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSは、ゲストと来場者の計50人でバトルが繰り広げられた
[画像のクリックで拡大表示]

 「PUBG」と称されるPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSは、ヘリコプターから島に降り立った最大100名のプレーヤー同士が戦い合うFPS(ファースト・パーソン・シューティング)。「最後まで生き残る」をテーマにしたバトルロワイヤルゲームで、積極的に攻撃して相手を倒す快感を味わうもよし、うまく隠れるもよし、戦略性が問われるのが面白い。海外からの来場者も多くエントリーするなか、ゲストとして招かれたSouLさんが優勝した。

「最後まで生き残った人が勝利」という分かりやすいルールがPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSの魅力だ
「最後まで生き残った人が勝利」という分かりやすいルールがPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSの魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]
プレーのスタイルはFPS(ファースト・パーソン・シューティング)。少しも息を抜けない緊張感がたまらない
プレーのスタイルはFPS(ファースト・パーソン・シューティング)。少しも息を抜けない緊張感がたまらない
[画像のクリックで拡大表示]
マップはある程度広大だが、時間とともにエリアが狭くなっていき、必然的に敵とエンカウントする確率が高くなる
マップはある程度広大だが、時間とともにエリアが狭くなっていき、必然的に敵とエンカウントする確率が高くなる
[画像のクリックで拡大表示]
手に汗握る撃ち合いが繰り広げられた
手に汗握る撃ち合いが繰り広げられた
[画像のクリックで拡大表示]
見事に優勝したのが中央のSouLさん
見事に優勝したのが中央のSouLさん
[画像のクリックで拡大表示]

■一般公開日に8つのタイトルで熱戦が繰り広げられる

 前述の通り、ホール11のe-Sportsコーナーでは、一般公開日の9月23日(土)と24日(日)の2日間にe-Sportsイベント「e-Sports X」を実施する。

 23日のPlayStation presents BLUE STAGEは、11時から「ファンタシースターオンライン2」(セガゲームス)、13時から「ウイニングイレブン2018」(コナミデジタルエンタテインメント)、15時から「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)が開かれる。

e-Sportsコーナーの右手にあるPlayStation presents BLUE STAGE
e-Sportsコーナーの右手にあるPlayStation presents BLUE STAGE
[画像のクリックで拡大表示]

 23日のSamsung SSD presents RED STAGEは、13時から「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」(Gzブレイン、カプコン)、15時から「パズドラレーダー」(Gzブレイン、ガンホー・オンライン・エンターテイメント)が開かれる。

e-Sportsコーナーの左手にあるSamsung SSD presents RED STAGE
e-Sportsコーナーの左手にあるSamsung SSD presents RED STAGE
[画像のクリックで拡大表示]

 24日のPlayStation presents BLUE STAGEは、14時から「ストリートファイターV」(カプコン)が開かれる。24日のSamsung SSD presents RED STAGEは、11時から「OVERWATCH」(日本HP)、14時30分から「カウンターストライクオンライン2」(ネクソン)が開かれる。

24日の14時から開かれる「ストリートファイターV」の昇竜拳トーナメントは、優勝賞金がなんと100万円となっている
24日の14時から開かれる「ストリートファイターV」の昇竜拳トーナメントは、優勝賞金がなんと100万円となっている
[画像のクリックで拡大表示]
世界的に名が知られるプレーヤー8人が来場してバトルを繰り広げる。テクニックを盗みたい人も必見だ
世界的に名が知られるプレーヤー8人が来場してバトルを繰り広げる。テクニックを盗みたい人も必見だ
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれも、観戦は無料。世界的なプレーヤーたちの熱戦が繰り広げるのは間違いないので、来場したらぜひチェックしてほしい。インターネット中継も実施されるので、来場できない人も見逃せない。

(文/磯 修、写真/シバタススム)