アソビモのステージにて、アソビモとスクウェアエニックス共同開発による、AndroidとiOS対応のスマホ向け新作オンライン対戦アクションRPG『ファンタジーアース ジェネシス』の開発を発表した。サービス開始は今冬を予定する。

アソビモブースにて、スクウェア・エニックスと共同開発のスマホ向けオンラインアクションRPGファンタジーアース ジェネシス
アソビモブースにて、スクウェア・エニックスと共同開発のスマホ向けオンラインアクションRPGファンタジーアース ジェネシス
[画像のクリックで拡大表示]
アソビモの開発ディレクター木下直樹氏(右)と、スクウェア・エニックスの監修ディレクター内山スグル氏(左)が登壇。開発/配信/運営をアソビモ、監修をスクウェア・エニックスが担当する
アソビモの開発ディレクター木下直樹氏(右)と、スクウェア・エニックスの監修ディレクター内山スグル氏(左)が登壇。開発/配信/運営をアソビモ、監修をスクウェア・エニックスが担当する
[画像のクリックで拡大表示]

 ファンタジーアース ジェネシスは、2006年からスクウェア・エニックスが提供しているPC向けオンラインアクションRPG『ファンタジーアース ゼロ』シリーズのスマホ向け新作となる。舞台はファンタジーアース ゼロの数百年前の世界で、登場人物などを一新した作品となる。

本作では登場人物を一新。3陣営に属するキャラクターには豪華声優陣を起用している
本作では登場人物を一新。3陣営に属するキャラクターには豪華声優陣を起用している
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームの特徴は、PC向けと同じ50vs50の100人アクションバトルや、建築物などの陣取りによるストラテジー要素だ。

スマホ版制作にあたって、50vs50のアクションバトルが壁になったという
スマホ版制作にあたって、50vs50のアクションバトルが壁になったという
[画像のクリックで拡大表示]
ファンタジーアース ゼロにあった建築や召喚要素も実現
ファンタジーアース ゼロにあった建築や召喚要素も実現
[画像のクリックで拡大表示]

 スクウェア・エニックス監修ディレクターの内山氏によると「最初の壁はスマホ版で50vs50のアクションバトルの実現。おいィ?と叫ぶような山が3回ほどあった」という。だが、アソビモ開発ディレクターの木下直樹氏は、50vs50のほか建築物や召喚も含め「PC版の要素をスマホで再現できた。装備に付加価値をつけるなどのアップデートも用意したい。」と今後の展開に自信を見せた。

(文・写真/島 徹)