VRによる新感覚バトルゲームも体験できる

 このほか、WargamingブースではユニークなVR体験ができるスペースも用意された。VRコンテンツは、全3タイトル。海戦バトルゲーム『World of Ship』シリーズを踏襲する『World of Ship Landing Mission』。今年8月にVR開発でパートナーシップを結んだ「VRTech」(ロシア)が開発したプレイヤー同士がオンライン対戦するシューティングゲーム『CINEMAVR』。そしてモーションキャプチャを装着して、ゲーム内のキャラクターと自身の全員動きを連動させるVRプログラム『POLGON』だ。

 『CINEMAVR』は、西部劇のカウボーイとなって銃の腕前を競うゲーム。もう一方の『POLGON』は、プレイヤーが傭兵の一人となって敵の秘密基地へと忍び込み、攻撃をかわしながら貨物を盗み出すという任務に望む。動き回れるように広く取られた専用スペースに、モーションキャプチャ機器とVR用のヘッドマウントディスプレー、そして武器を実際に担ぎ、試遊スペースを歩き回りながらゲームしている様子はTGS会場内でもひときわ新鮮味がある。

 なおTGS初日では、『CINEMAVR』と『POLGON』のみ、整理券による入れ替え制による試遊体験となっていた。整理券は、お昼頃には配布終了となるタイトルもあったので、TGS会場内でしか体験できない新感覚のVRバトルゲームを味わいたい人は、早めにWargamingブースへ足を向けてほしい。

新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『World of Ship』シリーズのVRコンテンツ。2台の試遊スペースを用意する
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
女性の試遊希望者も多く見られた『CINEMAVR』。お昼過ぎには整理券の配布が終了していた
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
思わず足を止めて見入ってしまうのが、こちらの『POLGON』。モーションキャプチャを装備するなど、さらに本格的なVRコンテンツとなっている

(文・写真/原 如宏)