全世界1億1000万人以上の会員数を誇る、オンライン戦車バトルゲーム『World of Tanks』で知られるWargaming Japan(以下、Wargaming)。東京ゲームショウへは、今年で5年連続の出展となった。TGS2017、Wargamingブースの注目は、World of Tanksと並んで人気がある戦艦バトルゲーム『World of Ship』に加えて、そして同社が力を入れているという新作『Total War: ARENA』(現在はクローズドβテスト中)の試遊スペースが用意されたことだろう。

 新作の『Total War: ARENA』は、戦車や戦艦を操るのではなく、歴史上の英雄達が率いる軍勢を指揮する対戦型オンラインストラテジーゲーム。対戦では10人対10人というチームバトル方式が採用されており、各プレイヤーは100人の兵で編成する軍勢(「ユニット」と呼ばれる)を3組指揮。敵味方合わせ、総勢6000人(3000対3000)もの兵同士による激しいバトルが繰り広げられるというものだ。Wargamingブースでは既存タイトルへの根強い人気が見られる一方で、こちらの新作への注目も高く、多数の来場者が試遊を希望していた。

新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
676平方メートルという大型展示で、昨今のバトルゲーム人気を裏付けるWargamingブース。人気タイトルの『World of Tanks』や『World of Ship』を試遊できる
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
新感覚バトルをWargamingブースで堪能【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
こちらが新作『Total War: ARENA』。9月頭にクローズドβテストを開始したばかりの注目タイトルだ