バーチャル美少女・美男子業界では、動画で活躍するVTuberや、VR空間でアバターとなって交流するVRChat、バーチャルキャストなどのサービスがブームだ。このブームを受けて、複数の企業がVTuberのキャラクター作成を支援するアプリを提供している。

 なかでも、人気のPC用VTuber作成支援アプリ「Vカツ」を提供しているIVRのブースでは、開発途中のiOS版「Vカツ」の先行体験を実施している。通勤中などに片手でバ美肉(※VTuberやVRアバター界隈で使われる、バーチャル美少女受肉の略称)して、VTuberやアバターデビューする時代もすぐそこに来ている。

IVRは、PC用VTuber作成支援アプリ「Vカツ」のiOS版などを展示
IVRは、PC用VTuber作成支援アプリ「Vカツ」のiOS版などを展示
[画像のクリックで拡大表示]

 iOS版Vカツは、スマートフォンの向けのシンプルなUIながらも、PC版に近い髪型や顔から体型、服装まで好みのモノを選んで作成できるものとなっている。作成したキャラクターのエクスポートも、PC版と同様にVMR形式などを想定しているとのことだ。PC版を利用するにはやや高性能なGPUを搭載したPCが必要だが、iOS版はiPhoneでより気軽にバ美肉できる。

iOS版「Vカツ」は現在開発中。アプリは現在開発中で、提供できるかはアップルの審査次第の部分も大きいという
iOS版「Vカツ」は現在開発中。アプリは現在開発中で、提供できるかはアップルの審査次第の部分も大きいという
[画像のクリックで拡大表示]