最近増えているのが、日本を意識した“萌え”要素を含むゲーム。中でも擬人化要素を取り入れ、女の子のキャラクターに力を入れたゲームは急増している。その傾向は今回のゲームショウでも見ることができた。銃を擬人化したサンボーンジャパンの『ドールズフロントライン』のブースでは同ゲームのイラストパネルだけでなく、デザイン画、グッズなどを多数展示。キャラクターに対するこだわりを見せている。

銃を萌え風に擬人化したゲーム『ドールズフロントライン』のブース
銃を萌え風に擬人化したゲーム『ドールズフロントライン』のブース
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームキャラクターのパネルに加え、原画やキャラクターグッズなどの展示が充実している
ゲームキャラクターのパネルに加え、原画やキャラクターグッズなどの展示が充実している
[画像のクリックで拡大表示]