NetEaseの『荒野行動』やYosterの『アズールレーン』に代表されるように、ここ最近、中国発のスマートフォンゲームが日本でも人気を高めている。そうした影響から、今年の東京ゲームショウにのスマートフォンゲームコーナーには、中国系企業が提供するゲームが集結。人気作から注目作まで、多種多様なアピールを繰り広げている。

 中国系ゲームの王道といえば、やはり三国志を題材としたものだろう。テレビCMを展開して注目される『三国覇王戦記』などを提供する6wavesのブースには、ゲームの試遊台が用意されているほか、メインステージで同社のゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーが登場するイベントを実施。多数のコスプレイヤーが登場する様子は圧巻だった。

6waveのブースでは、同社のゲームキャラクターに扮したコスプレイヤーが多数登場するステージを披露
6waveのブースでは、同社のゲームキャラクターに扮したコスプレイヤーが多数登場するステージを披露
[画像のクリックで拡大表示]
テレビCMを展開している『三国覇王戦記』などのゲームが楽しめる試遊台も用意されている
テレビCMを展開している『三国覇王戦記』などのゲームが楽しめる試遊台も用意されている
[画像のクリックで拡大表示]

 最近増えているのが、日本を意識した“萌え”要素を含むゲーム。中でも擬人化要素を取り入れ、女の子のキャラクターに力を入れたゲームは急増している。その傾向は今回のゲームショウでも見ることができた。銃を擬人化したサンボーンジャパンの『ドールズフロントライン』のブースでは同ゲームのイラストパネルだけでなく、デザイン画、グッズなどを多数展示。キャラクターに対するこだわりを見せている。

銃を萌え風に擬人化したゲーム『ドールズフロントライン』のブース
銃を萌え風に擬人化したゲーム『ドールズフロントライン』のブース
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームキャラクターのパネルに加え、原画やキャラクターグッズなどの展示が充実している
ゲームキャラクターのパネルに加え、原画やキャラクターグッズなどの展示が充実している
[画像のクリックで拡大表示]

 MorningTec Japanのブースでは、やはり戦艦を擬人化した『アビスホライズン』に関する展示をしていた。登場するキャラクター「艦姫」の武器を実物大で再現したものを展示するなど、こちらも力を入れている。

MorningTec Japanのブースには、『アビスホライズン』のキャラクターが装着する武器の実物大模型が展示されていた
MorningTec Japanのブースには、『アビスホライズン』のキャラクターが装着する武器の実物大模型が展示されていた
[画像のクリックで拡大表示]

 男性向けだけでなく、女性向けのゲームに力を入れる中国系の企業が増えているのにも注目だ。着せ替えRPGとして人気の『ミラクルニキ』を提供するニキのブースでは、多くのイケメンキャラクターが登場する新作恋愛シミュレーションゲーム『恋とプロデューサー ~EVOL×LOVE~』を出展。女性向けゲームの幅を広げている。

女性向けゲームに力を入れるニキのブースは、新作『恋とプロデューサー ~EVOL×LOVE~』を展示。いち早くゲームを体験したい女性客が集まっていた
女性向けゲームに力を入れるニキのブースは、新作『恋とプロデューサー ~EVOL×LOVE~』を展示。いち早くゲームを体験したい女性客が集まっていた
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてもう1つ、WISH INTERACTIVE TECHNOLOGYのブースでも、女性向けゲーム『謀りの姫』が展示されている。こちらは陰謀渦巻く宮廷を舞台にドロドロの愛憎劇が繰り広げられるという、ドラマのような要素を取り入れたゲーム内容となっている。

WISH INTERACTIVE TECHNOLOGYの『謀りの姫』。宮廷を舞台に、派閥を作って戦い頂点を目指す、愛憎渦巻くアドベンチャーゲームだ
WISH INTERACTIVE TECHNOLOGYの『謀りの姫』。宮廷を舞台に、派閥を作って戦い頂点を目指す、愛憎渦巻くアドベンチャーゲームだ
[画像のクリックで拡大表示]
コンパニオンは綺麗だが、ゲームの内容はドロドロだ
コンパニオンは綺麗だが、ゲームの内容はドロドロだ
[画像のクリックで拡大表示]

 このように中国系のゲームは、国内外のさまざまな要素を取り入れつつ、独自の進化を遂げてバリエーションを広げ、日本市場にも浸透してきている。そうしたゲームの数々をゲームショウ会場で実際に体験してみてはいかがだろうか。

(文・写真/佐野正弘)

この記事をいいね!する