DMM GAMESでは、人気オンラインTPS(Third Person shooter、第3者視点でプレーするゲーム)「BATTLE GROUNDS」のDMM版試遊、東京ゲームショウ2017の場で発表されたNintendo Switch向けの新作『がるメタる!』の試遊コーナーが人気だ。ARカメラサービスを配布する「刀剣乱舞」コーナーも数多くの女性ファンが訪れていた。

DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
DMM GAMESブース

 DMMブースのステージでは、Nintendo Switch初参入タイトル『がるメタる!』が発表された。Switchのコントローラーをドラムスティックとして遊ぶ音楽ゲームで、監督・脚本に「東京魔人學園伝奇」シリーズなどの今井秋芳氏、キャラクターデザインや漫画に「ウゴウゴルーガ」などを手掛ける青木俊直氏を起用し、ストーリーやビジュアルでも楽しめるタイトルとなっている。東京魔人発売日は2018年2月予定で、パッケージ版とダウンロード版の両方が用意される。

DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ステージでは、Nintendo Switch初参入タイトル『がるメタる!』が発表された。PR大使として、青森出身で特技がドラムのゆるきゃら「にゃんごすたー」も登場した
DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
『がるメタる!』の試遊ブースも用意

 PC向けタイトル『BATTLEGROUNDS』体験コーナーではバトルロイヤルで最後の5人に残るとTシャツのノベルティーをもらえるほか、9月24日にはエキシビジョンマッチを開催する。

DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「BATTLEGROUNDS」体験コーナー

 このほか、PC向けの新作『デスティニーチャイルド』の先行試遊や、坂口博信氏が率いるミストウォーカーのPC向け最新作『テラバトル2』の試遊ブースも用意。刀剣乱舞は、刀剣男士と一緒に写真撮影できるARカメラアプリコーナーが人気だ。

DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
PC向けの新作『デスティニーチャイルド』
DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ミストウォーカーの『テラバトル2』も体験できる
DMMはSwitch向け新作、刀剣乱舞コーナーが人気【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
刀剣乱舞はARカメラアプリを使った、“刀剣男士”との撮影を楽しめるARデータの配布を実施。多くの女性ファンが訪れている

(文・写真/島徹)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する