東京ゲームショウ初日の9月21日、KLabは「KLabGames」ブランドで展開するモバイルオンラインゲームの最新情報発表イベントを実施。同社が今後配信を予定しているスマートフォンゲーム6タイトルを発表した。

 専務取締役CGOである森田英克氏によると、今回の発表は3月に同社が打ち出した「3 PILLARS」戦略に基づくものだという。3 PILLARSとは、「Japanese IPs」(日本のIP。IPは知的財産の略)、「Global Growth」(海外展開)、そして「Original Creations」(オリジナルIP)の3つの軸に注力するものだそうだ。

KLabは日本のIP、海外展開、オリジナルIPの3つに力を入れる戦略をとっているとのこと
KLabは日本のIP、海外展開、オリジナルIPの3つに力を入れる戦略をとっているとのこと
[画像のクリックで拡大表示]

「魔女」と書いて「アイドル」と読む

 そこで今回の最新情報イベントでは、それら3つの軸それぞれに関して新作の発表がなされた。最初に紹介されたのは「Original Creations」に関するもので、今回のゲームショウに合わせた新タイトルとして、KLabとKADOKAWAが業務提携し、共同プロジェクトとして展開する『Project PARALLEL(仮)』が発表されている。

新たに発表された『Project PARALLEL(仮)』。KADOKAWAとの協業タイトルで、魔法とアイドルをテーマにしたゲームとなるようだ
新たに発表された『Project PARALLEL(仮)』。KADOKAWAとの協業タイトルで、魔法とアイドルをテーマにしたゲームとなるようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 これは「魔女」と書いて「アイドル」と読むなど、「魔法」と「アイドル」をテーマにしたゲームになるそうで、ゲーム以外にもさまざまなメディアミックス展開がなされるとのこと。JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが参加するなど、豪華な布陣で展開されるというが、今回の発表では具体的なゲーム内容は明らかにされておらず、キャラクターのビジュアルも「ティアラ」が公開されたのみ。来年の3月により詳しい続報があるとのことで、そちらの動向が注目される。