Twitchは今年も東京ゲームショウ2017にブースを構える。単独では2回目、Amazonと共同出展した初年度を含むと3回目となる。ブースは、過去最大規模になるという。

 ブースの半分以上は「パートナーラウンジ」と呼ぶ娯楽エリアだ。中には飲食物やソファーが設置されており、ゲーム配信者やイベント参加者が中でリラックスした面持ちでくつろいでいた。なお、ビジネスデイおよび一般公開日に関わらず、このエリアに入れるのは「パートナー認証ユーザー」と呼ばれる人気ゲーム配信者やTwitchの招待者、関係者のみ。パートナー認証ユーザー同士がオフラインで交流を図るために、東京ゲームショウ2017のブースにパートナーラウンジを設置しているという。パートナーラウンジには、Twitchのグローバルアンバサダーであるプロゲーマーの梅原大吾や、DeToNator Pro Gaming Teamのメンバーが来場する予定だ。パートナーラウンジはガラスで区切られており、外から見学できる。

 パートナーラウンジには「ライブストリーマーゾーン」と呼ぶ、ゲーム配信のデモンストレーションをするエリアも設けている。パソコンが7台設置されており、人気ゲーム配信者がゲーム配信を実施していた。人気ゲーム配信者のゲーム配信テクニックを目の前で見学できるので面白い。

 ブースの脇にはステージが設置され、ゲーム紹介やゲーム配信のデモンストレーションなどのイベントが予定されている。このステージの様子は常にTwitchで配信されている。ブース内には英語や中国語の同時翻訳スタジオも用意されており、海外にも配信されている。ステージ脇にはフォトコーナーを用意しており、そこで写真を撮影しTwitterに写真をアップロードすると、同社のロゴが描かれたステッカーやバッグといったノベルティーが当たる抽選会を実施している。

 ブースの裏には『H1Z1 Road To Royalty』の試遊台も設置されており、こちらは自由に楽しむことができる。

 一般公開日のステージイベントのスケジュールなどは、同社のTwitterで告知するという。

Twitch東京ゲームショウ2017配信サイト

過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
Twitchは8ホールにブースを設置。大半は「パートナーラウンジ」と呼ぶ娯楽エリアで、一般の人は立ち入ることができない。
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
パートナーラウンジには7台のパソコンを設置。ゲーム配信のデモンストレーションをしていた
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
パートナーラウンジはガラスで覆われており、一般参加者は外から眺められる
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ブース脇にステージを配置。ゲーム紹介やゲーム配信のデモンストレーションなどを予定している
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ステージ脇には同時翻訳ブースを設置。英語と中国語による配信をしていた
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
撮影ブースで写真を撮影し、SNSへアップロードすると、同社のノベルティがプレゼントされる
過去最大のブースを構えたTwitch【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ブース裏にはゲームの試遊台を設置。こちらは誰でもプレー可能だ

(文・写真/田代 祥吾)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する