オフィシャルサポーターのお笑い芸人のアルコ&ピースも登壇

 開会式後には、東京ゲームショウ オフィシャルサポーターに就任したお笑い芸人のアルコ&ピースもあいさつした。

 小学生の頃にゲームを買ってもらえず、友だちの家でファミコンをしてもコントローラーが回ってこなかったと話す平子祐希さんは「そんな中でサポーターに選んでいただいたことで、幼少期の復讐が一つ遂げられたのかなと思う。さらにゲームの世界が発展するようにお手伝いの一端を担えればうれしい」と語った。

東京ゲームショウ2017、開幕!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
アルコ&ピースの平子さん

 酒井健太さんも「一緒にゲーム業界を盛り上げていければと思います」と話した。

東京ゲームショウ2017、開幕!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
「東京ゲーム、ショウ!」とかけ声をかけるアルコ&ピースの酒井さん
東京ゲームショウ2017、開幕!【TGS2017】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
アルコ&ピースとコンパニオン、ゲームキャラクターの皆さん

(文/安蔵靖志 写真/志田彩香)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する