人気のアクション・シューティングゲーム「地球防衛軍」シリーズで知られるディースリー・パブリッシャーは、PlayStation 4用の最新タイトル『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』(以下、EDF)を試遊展示している。EDFは「地球防衛軍4.1」「同5」のようなナンバリングタイトルとは一線を画す位置づけで、クリーチャー・デザインを造形作家の大山竜氏が手がけ、テーマ曲を新垣隆氏が担当した。

体内に強力な発電器官を持った怪獣も登場する (c)Yuke’s (c)D3 PUBLISHER
体内に強力な発電器官を持った怪獣も登場する (c)Yuke’s (c)D3 PUBLISHER
[画像のクリックで拡大表示]
敵は昆虫や怪獣。あまり罪悪感をおぼえずに撃ちまくれるのが「地球防衛軍」シリーズの楽しいところ (c)Yuke’s (c)D3 PUBLISHER
敵は昆虫や怪獣。あまり罪悪感をおぼえずに撃ちまくれるのが「地球防衛軍」シリーズの楽しいところ (c)Yuke’s (c)D3 PUBLISHER
[画像のクリックで拡大表示]

 ディースリー・パブリッシャーのブースでは、このEDFや今後展開する予定の「地球防衛軍5」の外国語版などを10分程度、試遊できるようになっている。EDFは襲い来る巨大な昆虫や怪獣をひたすら撃って撃って撃ちまくるシンプルなゲームで、コアなゲーマーでなくとも楽しめる。

試遊機は15台ほど用意されている
試遊機は15台ほど用意されている
[画像のクリックで拡大表示]
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』(開発元:ユークス)は2019年発売予定
『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』(開発元:ユークス)は2019年発売予定
[画像のクリックで拡大表示]