東京ゲームショウ2018が2018年9月20日開幕した。初日に開催されたTGSフォーラム2018の基調講演では、主催者であるコンピュータエンターテインメント協会(CESA)の早川英樹会長が登壇した。

コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 早川英樹会長
コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 早川英樹会長
[画像のクリックで拡大表示]

 早川会長はコンピューターゲームが登場して約40年になり、今や日本人の約85%がゲーム体験者であるとして「ゲーム産業は成長し続けている拡大市場だが、歴史のある成熟市場でもある。ゲーム機だけでなくPCやモバイルデバイスなどでゲームがさらに身近になり、ネットワークでの対戦やゲーム観戦など新しい楽しみ方も広がってきた。そこにおける東京ゲームショウの役割の大きさを感じている」とした。

 eスポーツについて、日本でも認知度が高まっているとして「eスポーツの認知度は向上してきたが、日本のゲーム市場規模を考えるとまだまだ伸びる。東京ゲームショウ2018がeスポーツの魅力を感じて理解を深める場になってほしい。eスポーツには個人同士の戦いもチーム同士の戦いもあり、選手とサポーターの絆、対戦相手との健闘をたたえあう精神などがある。スポーツとなんら変わりない」とした。

今や日本人の約85%がゲーム体験者
今や日本人の約85%がゲーム体験者
[画像のクリックで拡大表示]