2016年9月15日から18日までの4日間、千葉・幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ 2016(以下、TGS 2016)」の最終日の入場者数が発表された。一般公開2日目、最終日の入場者数は10万8117人。これによりイベント期間中の総入場者数は27万1224人となった。

 その結果、TGS 2016は、これまで歴代1位であった2013年の27万197人を超え、過去最高の総入場者数を記録した。なお、この数字は展示会入場者、プレス入場者、TGSフォーラム受講者の合計。

 近年の東京ゲームショウの総入場者数は次のとおり。

・2016年の総入場者数:27万1224人
・2015年の総入場者数:26万8446人
・2014年の総入場者数:25万1832人
・2013年の総入場者数:27万197人
・2012年の総入場者数:22万3753人
・2011年の総入場者数:22万6687人
・2010年の総入場者数:20万7647人

東京ゲームショウ2016の総入場者数は歴代1位の27万1224人【TGS2016】(画像)

(文/日経トレンディネット)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する