2016年9月18日の東京ゲームショウ 2016最終日、日本ゲーム大賞2016「フューチャー部門」を受賞した10作品が発表された。

 受賞タイトルは東京ゲームショウ 2016の会場内で行われる来場者投票の結果をもとに、日本ゲーム大賞選考委員による審査を経て決定する。来場者投票は9月15日(木)、16日(金)、17日(土)の3日間のみ実施。

 対象作品は、東京ゲームショウ 2016にて、発表、展示された未発売作品となる。尚、家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、パソコン、携帯電話等プラットフォームの種類は問わない。

 司会はラジオパーソナリティでミュージシャンの鷲崎健さんと前田美咲さんが務めた。

日本ゲーム大賞2016「フューチャー部門」受賞10作品決定!【TGS2016】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
司会はラジオパーソナリティでミュージシャンの鷲崎健さん(右)と前田美咲さん(左)が務めた

日本ゲーム大賞2016 フューチャー部門受賞作品一覧

 今回受賞した10作品は以下のとおり。

日本ゲーム大賞2016「フューチャー部門」受賞10作品決定!【TGS2016】(画像)

■『バイオハザード7 レジデントイービル』(カプコン)
選考理由:シリーズ7作目にして、原点に帰った作品となっており、さらに、VRを使って、新しいアプローチに挑戦した点が評価されての受賞です。

■『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス)
選考理由:日本を代表するゲームとして、シリーズに対する期待に見事にこたえ、映画やアニメなどの新しいアプローチも評価されての受賞です。

■『龍が如く6 命の詩』(セガゲームス)
選考理由:キャスティングの豪華さが、想像をこえるレベルで、遊びの豪華さ、 遊びの幅のレベルが高く、今回も、ユーザーの期待に見事に応えた作品となっている点が評価されての受賞です。

■『モンスターハンター ストーリーズ』(カプコン)
選考理由:モンスターハンターの世界観を見事に実現し、ジャンルを変え、さらに遊びの幅を深く広げた点が評価されての受賞です。

■『人喰いの大鷲トリコ』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
選考理由:待望の新作が12月にいよいよ発売。独特の世界観と独特のシステムを高いレベルで実現した点が評価されての受賞です。

■『サマーレッスン』(バンダイナムコエンターテインメント)
選考理由:VRを代表する作品して客層を広げ、一つのVRのジャンルを作るだろう期待が評価されての受賞です。

■『Horizone Zero Dawn』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
選考理由:トップクラスのグラフィック、興味深い世界観、圧倒的なクオリティが評価されての受賞です。

■『仁王』(コーエーテクモゲームス)
選考理由:キャラクターもアクションも骨太で、徹底的に和のテイストにこだわった世界観が評価されての受賞です。

■『めがみめぐり』(カプコン)
選考理由:交通系ICカードと連動した新しいゲームシステムと、プレーヤーとのコミュニケーションを記憶し成長するという新しい技術が評価されての受賞です。

■『GRAVITY DAZE2』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
選考理由:2012年 年間作品部門大賞受賞の前作から、ハードを変えたことで、独特の操作性と世界観を実現。ユーザーの期待にみごと応えての受賞です。

日本ゲーム大賞2016「フューチャー部門」受賞10作品決定!【TGS2016】(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
日本ゲーム大賞2016 フューチャー部門受賞作品一覧

(文/日経トレンディネット)