今年大幅リニューアルした、ファミリーゲームパークは中学生以下とその保護者が入場可能なエリア。混雑を極めるゲームショウの会場内では比較的空いていて、キッズのパパ、ママたちには穴場的な休憩スポットでもある。一方で、キッズにとってはワクワクするブースが盛りだくさんだ。

 セガのブースでは、自分でカードに描いた絵が戦闘機になって画面の中で戦い始めるカードゲーム『追撃王』が楽しめる。カードには戦闘機じゃなくてもどんな絵を描いてもOKだ。

色や形で強さが変わる。自分だけの戦闘機を描いてゲームに参加できる
色や形で強さが変わる。自分だけの戦闘機を描いてゲームに参加できる
[画像のクリックで拡大表示]

 カプコンのブースでは、10月8日(土)発売の『モンスターハンターストーリーズ』が出展。体験者には先着でオリジナルステッカーがプレゼントされる。また、アミューズメントカードゲーム『モンスターハンタースピリッツ狩魂』も無料でプレー可能。モンスターカードがなくても遊べる。体験者にはイベント限定カードがプレゼントされる。

キッズコーナーにしては比較的長蛇の列ができるカプコンブース
キッズコーナーにしては比較的長蛇の列ができるカプコンブース
[画像のクリックで拡大表示]

 ブシロードのブースでは、アニメも人気のトレーディングカードゲーム『バディファイト』が出展。遊び方教室もあるので、プレー方法が分からない場合もスタッフが教えてくれる。

バディファイター同士でレッツ対戦。強い相手に当たるかな?
バディファイター同士でレッツ対戦。強い相手に当たるかな?
[画像のクリックで拡大表示]

 ハッピーミールのブースでは、親子で安全に楽しく遊べてちょっと学べるゲームがたくさん。ガチャガチャや塗り絵が楽しめる。ブースの壁にはキッズ画伯たちの個性的な作品がずらり。ウサギキャラ「バニラ」もブースにやってくる。

黙々とお絵かきに興じる子供たち。個性的な作品がどんどん出来上がる
黙々とお絵かきに興じる子供たち。個性的な作品がどんどん出来上がる
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴的なのはゲームだけでなくボールを蹴って的を狙うゲームなど実際に体を動かすアトラクションコーナーもあること。これなら「テレビゲームは1日1時間まで」といった約束も守れそう?

アナログな遊戯コーナーもあり、テレビゲームができない子供も楽しめる
アナログな遊戯コーナーもあり、テレビゲームができない子供も楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 おなかが空いたら、様々な駄菓子が楽しめる縁日コーナーへ。駄菓子は10円~とキッズ向けプライス。実は小学生以下を対象に、駄菓子2個がもらえて、さらにアトラクション1回が体験できるクーポンが公式サイトに掲載されているので要チェックだ。

縁日コーナーにはポップコーンやドリンク、駄菓子が並ぶ
縁日コーナーにはポップコーンやドリンク、駄菓子が並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 ファミリーショーステージでは定期的に『動物戦隊ジュウオウジャー』などのショーやゲーム大会も行われている。最終日の18日(日)には『忍たま乱太郎』のキャラクターショーや太鼓の達人のステージが予定されている。

子供たちの憧れ、ヒーローショーは毎回人気のイベント
子供たちの憧れ、ヒーローショーは毎回人気のイベント
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/梅崎加菜)

この記事をいいね!する