9月17日の12時15分から、ディースリー・パブリッシャーのブース内ステージにて行われた「地球防衛軍5 × 劇団ドリームクラブ ホストガール スペシャル LIVE オンステージ」。試遊に長蛇の列ができていた注目ゲーム『地球防衛軍5』と、同社の人気ゲーム『DREAM C CLUB』から生まれた2.5次元ユニット「劇団ドリームクラブ」とのコラボステージから生まれたステージだ。ストーリーは、地球防衛軍5のプロモーションをするためにやってきた同社の岡島信幸プロデューサーに、劇団ドリームクラブのホストガールが、皆さんに歌と踊りを披露するために地球防衛軍5のミッションにチャレンジするというものだ。

ディースリー・パブリッシャーのブース前には、ステージ開始前から大勢の人だかりが
ディースリー・パブリッシャーのブース前には、ステージ開始前から大勢の人だかりが
[画像のクリックで拡大表示]
ステージにイベントの画面が映し出されると会場から歓声があがった
ステージにイベントの画面が映し出されると会場から歓声があがった
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれ多くのファンがいるゲームとユニットのコラボステージとあって、開始20分以上前から大勢の観客が詰め掛けた。ライブが始まると観客数はざっと見ても200人は超えていて、女性の観客も数多く見られた。ビジネスデイの16日に公開リハーサルをしているが、岡島さんと劇団ドリームクラブとの掛け合いがしどろもどろ(笑)。しかし、それも劇団ドリームクラブのファンにはたまらないものであった。さらにファンにとってたまらないのが、このステージが撮影・録画、ネットへのアップ大歓迎ということ! 皆さん食い気味にカメラを構えていた。

 劇団ドリームクラブが会場の皆さんに歌と踊りを披露するために、岡島さんから突きつけられた条件は、「制限時間10分以内に地球を防衛せよ!」。今回のステージでミッションにチャレンジしたのは、ナオ。他のメンバーも「ナオちゃん、がんばれー」と声援を送っていた。

ステージ上で実際にPS4を操作して敵を倒していくナオ
ステージ上で実際にPS4を操作して敵を倒していくナオ
[画像のクリックで拡大表示]
コロニストが登場するとメンバーから悲鳴が聞かれた
コロニストが登場するとメンバーから悲鳴が聞かれた
[画像のクリックで拡大表示]

「コントローラーが振動するー」と怖がりながらコントローラーを操縦していたナオだったが、徐々に慣れてきて次々と敵を倒し、途中から舞い降りてきたカエル型の敵・コロニストにも果敢に挑んでいた。制限時間が近づき、ようやくコロニストを倒したと思ったら、また上空から新たな敵・コスモノーツが! これらの敵は地球防衛軍5で新たに加わった敵だ。コスモノーツのせいでタイムオーバーとなり、クリアはならず……。

メンバー全員でナオを応援。ステージの左側にそびえ立つのがコスモノーツだ
メンバー全員でナオを応援。ステージの左側にそびえ立つのがコスモノーツだ
[画像のクリックで拡大表示]
臨場感のあまり、思わず顔を背ける亜麻音
臨場感のあまり、思わず顔を背ける亜麻音
[画像のクリックで拡大表示]

罰ゲームは、生着替え!

 クリアできなかった罰ゲームとして、なんと水着への生着替えが行われた。生着替えをするのは、責任を取る形でナオ。生着替えに使用するのは、フラフープに白い布を垂らしたような、ポロリもありそうな心もとないもの。さらにステージの斜め上に取り付けられている「ニコ生」や「Abema TV」への生配信用のカメラが、視聴者の反応の多さに応じてズームするのだとか。そんな一瞬たりとも見逃せない状況の中、制限時間の40秒ギリギリで着替え終わったナオは水着姿を会場の皆さんに披露した。

今にも見えてしまいそうな白い布の中で、ドキドキの生着替え中
今にも見えてしまいそうな白い布の中で、ドキドキの生着替え中
[画像のクリックで拡大表示]
制限時間ギリギリでなんとか着替え終わったナオの水着姿に会場から歓声とシャッターを切る音が溢れた
制限時間ギリギリでなんとか着替え終わったナオの水着姿に会場から歓声とシャッターを切る音が溢れた
[画像のクリックで拡大表示]

 と、ここで劇団ドリームクラブから岡島さんに、水着を披露したのだから少しだけ歌わせてくれないかというお願いが。お客さんが地球防衛軍5の臨場感を存分に味わってくれたことに満足した岡島さんが、特別に曲の披露を許可した。今回のステージで披露した曲は、「Pure色100萬$」や「絶対アイドル☆宣言」など全5曲。地球防衛軍5と劇団ドリームクラブ、両方の魅力を一気に堪能できる夢のコラボステージは、予定の45分よりも大サービスの約1時間におよび、観客からの大きな拍手で幕を閉じた。

 18日にも、11時30分~12時15分と15時30分~16時15分の2回のステージを予定していて、地球防衛軍5をプレーするメンバーや歌の内容はそれぞれ変わるそう。ディースリー・パブリッシャーの東京ゲームショウ特設ページには、開店準備スタッフが店長に内緒で予想したセットリストが掲載されているので、気になる方はチェックを。事前に整理券を限定90枚配布しているので、彼女らが地球防衛軍5をプレーしている表情や歌って踊る姿を間近で見たい方は、整理券を手に入れよう。

16日12時15分からの回では、ソロ4曲とメンバー全員で1曲を披露
16日12時15分からの回では、ソロ4曲とメンバー全員で1曲を披露
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/大川晶子)

この記事をいいね!する