東京ゲームショウ一般公開日初日の9月17日、アソビモブースでは配信予定のスマートフォン向け新作オンラインゲーム『BTOOOM!オンライン(仮)』と『アルケミアストーリー』のイベントを相次いで実施した。

アソビモブースでは配信予定のゲーム2本に関する新作イベントを開催
アソビモブースでは配信予定のゲーム2本に関する新作イベントを開催
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に実施されたBTOOOM!オンライン(仮)のイベントでは、同ゲームのプロデューサーである林雅人氏のほか、原作となる漫画「BTOOOM!」の作者である漫画家の井上淳哉さんと、アニメ版BTOOOM!でヒロインのヒミコ役を務めた声優の三森すずこさんが登場。さらにサプライズゲストとして、原作の中で「鷹嘴」というキャラクターのモデルになっている、ドキドキグルーヴワークス代表取締役名人の高橋名人が登場。ゲームに関するさまざまなトークを繰り広げた。

ゲームの原作となる「BTOOOM!」の作者である井上さんは、元々ゲームクリエイターだった経歴を持つ
ゲームの原作となる「BTOOOM!」の作者である井上さんは、元々ゲームクリエイターだった経歴を持つ
[画像のクリックで拡大表示]
アニメ版でヒロインのヒミコ役を演じた三森さん。アニメの放映は4年前であるため、久しぶりのBTOOOM!関連の仕事で驚いたそうだ
アニメ版でヒロインのヒミコ役を演じた三森さん。アニメの放映は4年前であるため、久しぶりのBTOOOM!関連の仕事で驚いたそうだ
サプライズゲストとして登場した高橋名人。「この漫画はいずれゲームになるんじゃないかと思っていた」とのこと
サプライズゲストとして登場した高橋名人。「この漫画はいずれゲームになるんじゃないかと思っていた」とのこと
[画像のクリックで拡大表示]

 林氏からはまず、現在は仮の名前となっているゲームの正式名称を、このイベントで決定することが公表された。キャンペーンによってユーザーからの応募で集まったタイトルのうち、13タイトルが候補として挙げられたのだが、林氏から発表された正式なタイトルは「(仮)」が取れた「BTOOOM!オンライン」に。かなり真っ当な結果となったことに対し、三森さんは、「やっぱりシンプルで分かりやすいのがいいのでは」とコメントを寄せていた。

ユーザーの応募などで13の候補が挙げられたが、ゲームの正式名称は仮が取れた「BTOOOM!オンライン」に決定
ユーザーの応募などで13の候補が挙げられたが、ゲームの正式名称は仮が取れた「BTOOOM!オンライン」に決定
[画像のクリックで拡大表示]

 その後会場では、来場者の中から4人を選んで、ステージ上の4人と合計8人によるBTOOOM!オンラインでの対戦プレイを実施。このゲームでは爆弾を使って対戦するのだが、高橋名人は「爆弾は85年12月から好きです」と、かつての何かを匂わせるコメントで自信をのぞかせていた。

 しかしいざゲームを始めたところ、トラブルによってステージ上の4人、会場の4人がそれぞれ別々に対戦していたことが判明。不本意な結果に林氏は、「ゲームショウが終わったら頭を丸めてきます」と反省の弁を述べ、会場をにぎわせた。

ステージ上の4人と来場者のうち4人、合計8人でのバトルを繰り広げる予定だったのだが、トラブルで4人ずつの対戦プレイを2組でしていたことが判明
ステージ上の4人と来場者のうち4人、合計8人でのバトルを繰り広げる予定だったのだが、トラブルで4人ずつの対戦プレイを2組でしていたことが判明
この結果に林氏は「頭を丸めてきます」と反省の弁
この結果に林氏は「頭を丸めてきます」と反省の弁
[画像のクリックで拡大表示]