東京ゲームショウ2016 ビジネスデイ2日目を迎えた2016年9月16日の夕方、インディーゲームの祭典「センス・オブ・ワンダーナイト 2016」が開催された。

2016年9月16日に開催されたセンス・オブ・ワンダーナイトのステージの様子。ゲーム・ITジャーナリストの新清士氏(左)とテレビジオン代表取締役社長のマサボ・イザベル氏(右)が司会進行を務めた
2016年9月16日に開催されたセンス・オブ・ワンダーナイトのステージの様子。ゲーム・ITジャーナリストの新清士氏(左)とテレビジオン代表取締役社長のマサボ・イザベル氏(右)が司会進行を務めた
[画像のクリックで拡大表示]

 “見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲームのアイデアを発掘するというのがテーマで、今回で9回目の開催を迎えた。

 今回は300以上の応募の中からインディーゲームコーナー出展者として採択された68の個人と会社の中から、選考委員がノミネートした8組8作品がプレゼンテーションを実施。その中から各賞が選ばれた。

 8組8作品は「新しい表現スタイルを求めて」というコンセプトで4作品、「ゲームが持つ無限の広がりを求めて」というコンセプトで4作品という内訳になった。

●新しい表現スタイルを求めて
・『Chambara』(team ok/米国)
・『UnWorded』(Bento Studio/フランス)
・『TAINTED』(INSTITUTE OF TECHNICAL EDUCATION/NATIONAL UNIVERSITY OF SINGAPORE/シンガポール)
・『Line Wobbler』(Robin Baumgarten/英国)

●ゲームが持つ無限の広がりを求めて
・『OPUS: The Day We Found Earth』(SIGONO/台湾)
・『アドバンスド摩訶大将棋』(大阪電気通信大学 デジタルゲーム学科 高見研究室/日本)
・『DOBOTONE』(Videogamo/アルゼンチン)
・『Fantastic Contraption』(Northway Games and Radial Games/カナダ)

 センス・オブ・ワンダーナイトの会場入り口では、このイベントではおなじみとなったピコピコハンマー型の“鳴り物”を配布。センス・オブ・ワンダーを感じたときには振って音を鳴らすというスタイルでイベントを盛り上げた。

会場入り口で配られた鳴り物が「オーディエンス賞」の行方を左右した
会場入り口で配られた鳴り物が「オーディエンス賞」の行方を左右した
[画像のクリックで拡大表示]