バンダイナムコエンターテインメントは、9月16日(金)に東京ゲームショウ2016でステージイベント「~みんなでゲームをつくろう~ 第1弾『Project LayereD』発表会」を開催。UGC(User Generated Content:ユーザー制作型コンテンツ)を活用した新規IP(知的財産)を創出する参加型プロジェクト「Project LayereD(プロジェクト・レイヤード)」を同日より開始したことを発表した。

 本プロジェクトは、UGCによる新規IPの活用および育成を目指すというもので、その第1弾としてアニメ&ゲームアプリ「Project LayereD」の制作をスタートさせる。バンダイナムコエンターテインメントのプロジェクト総合プロデューサー手塚晃司氏によると、イメージは以下の写真のとおり。「アニメとゲームを融合させた、同じ舞台・時間軸によって連動する物語」という特徴があり、未来の渋谷が舞台であるとのこと。また、同日には公式サイトをオープンし、プロ・アマを問わずキャラクターデザイナーの公募を開始したと発表した。

「Project LayereD」のロゴデザイン
「Project LayereD」のロゴデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
「Project LayereD」のキービジュアル
「Project LayereD」のキービジュアル
[画像のクリックで拡大表示]

 壇上には手塚氏をはじめ、本プロジェクトで企画・制作を担当するサイバーコネクトツー代表取締役の松山洋氏、ポリゴン・ピクチュアズ代表取締役の塩田周三氏、ドリコム代表取締役社長の内藤裕紀氏、アニメ監督の大橋聡雄氏、イラストレーターのredjuice氏と、豪華メンバーが集結。

 バンダイナムコエンターテインメントは本プロジェクトのオーナー兼楽曲・音響の制作を担当し、サイバーコネクトツーが企画・原案、ポリゴン・ピクチュアズがアニメ制作、ドリコムがアプリをそれぞれ手掛ける。最初の世界観の制作は大橋氏が担当し、redjuice氏は特別審査員兼オーディションキャラクターデザインを務める。また、シナリオ制作にはシナリオ工房月光も参加するという、各方面から精鋭たちが一堂に会した実に大規模なプロジェクトだ。