曲面ディスプレー採用の次世代ゲーム機っぽいアイテムを発見!と思いきや、iPhoneとiPad向けのゲームパッド「GAMEVICE」だった。でも、薄型高性能なスマホにゲームパッドを装着して、実質的な次世代携帯ゲーム機として遊びたい人は多いはず。発売されたばかりのiPhone 7とiPhone 7 Plusにも対応しているとのことだ。

ゲームパッドGAMEVICEの、未発売Galaxy S6 edge対応モデル。Galaxy S6 edgeの曲面ディスプレーに装着するとものすごく次世代ゲーム機っぽい
ゲームパッドGAMEVICEの、未発売Galaxy S6 edge対応モデル。Galaxy S6 edgeの曲面ディスプレーに装着するとものすごく次世代ゲーム機っぽい
[画像のクリックで拡大表示]

 「GAMEVICE」はスマホゲームを本格的に遊びたい人のためのデバイス。iPhoneとiPadは、iOS7がゲームパッドを公式にサポートして以来、対応ゲームが増えており、特にアクションゲームなどはGAMEVICEを装着することでかなり遊びやすくなる。

iPhoneやiPadとゲームパッドを一緒に持って、携帯ゲーム機ふうに操作できるのが魅力
iPhoneやiPadとゲームパッドを一緒に持って、携帯ゲーム機ふうに操作できるのが魅力
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴はLightning端子の優先接続に加えて、パッド内にバッテリーを搭載しており長時間ゲームをプレーしやすくなる点。iOS機器向けゲームパッドはBluetooth接続のものが多いなか、ペアリングによる接続が必要なく、携帯ゲーム機のようにゲームパッドと画面を一緒に持って遊びやすいのはうれしいとろ。

iPhone、iPadとはLightning端子で接続する
iPhone、iPadとはLightning端子で接続する
[画像のクリックで拡大表示]

 製品はiPhone 6/6s&6/6s Plus用と、iPad mini用、iPad Air/Pro 9.7インチ用、iPad Pro 12.9インチ用の4種類。価格はそれぞれ1万2800円で、国内ではスマホ向け充電器などで知られる多摩電子工業が販売する。スマホ向けゲームパッドは使い心地を試せる場所が少ないだけに、スマホゲーマーならブースを一度チェックしてみては。

(文・写真/島徹)