『魔神少女』『フェアルーン』シリーズなど、8ビットハードの時代をほうふつとさせる、2Dのドット絵で描かれた懐かしくて温かみのあるキャラクターが登場する作品を、これまでに数多くリリースしているフライハイワークス。同社のブース内には、3DS用のダウンロード販売専用ソフトを中心に、キャラクターデザインやゲームシステムがとてもシンプルな作品が多数プレイアブル出展されていた。

 どの作品も、いわゆるAAAタイトルや大作とは真逆に位置するものだが、一度始めるとついつい夢中になってしまう、シンプルながらも魅力のあるタイトルが粒ぞろいとなっていた。以下、同社のブースの出展タイトルをご紹介する。

フライハイワークスブース全景。ブース自体はお世辞にも大きいとはいえないが、出展タイトルは多彩かつ魅力的だ
フライハイワークスブース全景。ブース自体はお世辞にも大きいとはいえないが、出展タイトルは多彩かつ魅力的だ
[画像のクリックで拡大表示]
左から順に、いわゆるローグライクRPGの『Quest of Dungeons』、クターとさまざまなアトラクションにチャレンジできる『クターシリーズ』、建物同士を合体させて遊ぶパズルゲームの『スバラシティ』
左から順に、いわゆるローグライクRPGの『Quest of Dungeons』、クターとさまざまなアトラクションにチャレンジできる『クターシリーズ』、建物同士を合体させて遊ぶパズルゲームの『スバラシティ』
[画像のクリックで拡大表示]
左から順に、スマホ用リズムゲーム『魔神少女音楽外伝 ルディミカル♪ノリノリリズムにゃん』、アクションRPGの『フェアルーン2』、ハイスピードランアクションゲームと題した『ゲキヤバランナー ハバネロ』
左から順に、スマホ用リズムゲーム『魔神少女音楽外伝 ルディミカル♪ノリノリリズムにゃん』、アクションRPGの『フェアルーン2』、ハイスピードランアクションゲームと題した『ゲキヤバランナー ハバネロ』
[画像のクリックで拡大表示]
左から順に、2Dアクションゲームの『魔神少女エピソード3 -勇者と愚者-』、同じく『ドランシア・サーガ』、バイクアクションゲームの続編『アーバントライアル:フリースタイル2』
左から順に、2Dアクションゲームの『魔神少女エピソード3 -勇者と愚者-』、同じく『ドランシア・サーガ』、バイクアクションゲームの続編『アーバントライアル:フリースタイル2』
[画像のクリックで拡大表示]
左側は『ブレイブダンジョン』、右はPS4用横スクロールアクションゲーム『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』
左側は『ブレイブダンジョン』、右はPS4用横スクロールアクションゲーム『マルディタカスティーラEX -ドン・ラミロと呪われた大地-』
[画像のクリックで拡大表示]