ゲーミングPCやPCパーツのメーカーとして知られるMSIのブースでは、バックパック型PC「VR One」を展示している。

 パソコンと組み合わせて使うVRゴーグルは、パソコンと接続するケーブルが邪魔になって自由に動きづらい。この問題を解決するためにパソコンを背負える形にして、そこにVRゴーグルを接続して自由に動きやすくしようというものだ。6月に行われたComputex Taipeiで展示していた“背負えるゲーミングPC”をブラッシュアップしたものだ(関連リンク http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/060200310/

7ホールにあるMSIのブース。ハイスペックなゲーム用ノートPCやPCパーツなどを展示している
7ホールにあるMSIのブース。ハイスペックなゲーム用ノートPCやPCパーツなどを展示している
[画像のクリックで拡大表示]
背負えるゲーミングPC「VR One」
背負えるゲーミングPC「VR One」
[画像のクリックで拡大表示]
丈夫そうな造りで、背負うためのハーネス部分もガッシリしている
丈夫そうな造りで、背負うためのハーネス部分もガッシリしている
[画像のクリックで拡大表示]
背負ってみるとかなり軽く感じる。パソコンの発熱は身体にほとんど伝わってこない
背負ってみるとかなり軽く感じる。パソコンの発熱は身体にほとんど伝わってこない
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコン部分はノートPCのような薄型だ。背負うハーネス部分とパソコン部分の間には空間があり、パソコンの排熱を邪魔しないようになっている。展示中のものは重さは約3.6㎏だが、身体に密着させるように背負うので、実際にはかなり軽く感じられる。バッテリーは2個搭載でホットスワップに対応し、パソコンの動作中にひとつずつバッテリー交換ができる。予備バッテリーも販売予定で、バッテリーを交換しながら長時間プレーできる。

ノートPCのような薄型で、パソコン部分とハーネス部分の間には空間がある
ノートPCのような薄型で、パソコン部分とハーネス部分の間には空間がある
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリーは2個搭載し、動作中に片方ずつ交換できる。赤い部分にはファンが見える
バッテリーは2個搭載し、動作中に片方ずつ交換できる。赤い部分にはファンが見える
[画像のクリックで拡大表示]
USB、HDMIなどの拡張端子が上側についている。ゲームに使わない時は普通のディスプレーに接続してデスクトップPCのように使える
USB、HDMIなどの拡張端子が上側についている。ゲームに使わない時は普通のディスプレーに接続してデスクトップPCのように使える
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUはCore i7、メモリーは16GB、ゲーミングPCで重要なグラフィックス機能はGeForce GTX 1070を搭載し、最新のVRゲームを十分楽しめるハイスペックな処理性能を持つ。スペックが高いので、ゲームに使わない時は机の横に掛けておき、デスクトップPCのように普通のディスプレーに接続して、グラフィックス用途や動画編集、エクセルなどのビジネス用途にも活用できる。11月頃に発売予定で、価格は30~40万円になりそうとのこと。

(文・写真/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する