東京ゲームショウ2016のビジネスデイ初日にあたる9月15日は、奇しくも100年前に戦車が実践投入された日。というわけで、日本を代表する戦車マニア3人による、マニアックすぎるスペシャルトークショーが開催! 題して、「戦車を語れ! スペシャルトークショウ」。

一番左がウォーゲーミングジャパンのミリタリアドバイザー・宮永忠将氏。中央が、戦車研究家の丹羽和夫。彼のスケジュールが空いたため、急遽このトークショーが実現したという。右が『ガールズ&パンツァー』プロデューサー・杉山潔氏。屈指の戦車好きで、キャッチコピーは「ガルパンおじさんの大教祖」。
一番左がウォーゲーミングジャパンのミリタリアドバイザー・宮永忠将氏。中央が、戦車研究家の丹羽和夫。彼のスケジュールが空いたため、急遽このトークショーが実現したという。右が『ガールズ&パンツァー』プロデューサー・杉山潔氏。屈指の戦車好きで、キャッチコピーは「ガルパンおじさんの大教祖」。
[画像のクリックで拡大表示]

『ガルパン』の新作は出るのか?

 ウォーゲーミングの戦車ゲーム『WORLD OF TANKS』も、『ガルパン』も、どちらもリアルな戦車が登場するという共通項がある。まずは、『ガルパン』ファンなら誰しも気になる最終章の新作情報について、あの手この手で杉山氏に聞き出そうとする宮永氏。宮永氏が「最終章と言いながら、最終章第1節なんでしょ? ネバーエンディング最終章とか?(笑)」と言えば、「最終章が10年とかね(笑)」と杉山氏も悪ノリする。しかし、「何か大きな動きが?」と宮永氏が話を振ると、杉山氏は「ないです!」ときっぱり。それでも宮永氏が「何かない?」は食い下がったが、杉山氏は「まだしゃべれないけど、面白い脚本があがりつつある」と答えるにとどまった。残念ながら、「ポロリ」は実現しなかった。とはいえ、「最初はシャーマンで企画書を出したけど、監督から却下された。シャーマンはやられ役だから(笑)」という裏話をポロリと明かし、会場を沸かせた。